業績不振だっためがねの材料商社を黒字にした福井・鯖江の「高級耳かき」

眼鏡フレームの日本国内の生産シェアトップの街、福井県鯖江市。この街でちょっとユニークな「耳かき」が生まれました。作っているのは、一時は業績不振だった株式会社キッソオ。めがねの街の町工場ならではの技術で、”かけ心地”ではなく”かき心地”を追求しています。

めがねの街で生まれた
「鯖江ミミカキ」

4812597308162048
©2018 セメントプロデュースデザイン

amazonだと数百円で購入できるものもありますが、「鯖江ミミカキ」は3900円(税抜)と耳かきにしては高額。それでも人気の理由は、人目をひくパッケージデザインです。

パッケージは、「めがねの街・鯖江」と組み合わせた、紳士や少女が眼鏡をかけているように見えるデザイン。これが「面白い!」と話題になり、日本全国で知られるようになりました。

そして、眼鏡のテンプル(つる)部分の加工技術を耳かきに活かしたことなどが評価され、2013年にはグッドデザイン賞を受賞。発売から2年で販売本数は1万5000本、4年で3万6000本を売り上げるキッソオのロングセラー商品になりました。

壁を乗り越えて
約5000本を完売

4862641730224128
©2018 セメントプロデュースデザイン

もともと、キッソオは業績が伸び悩んでいる状態でした。そんな時に、日本各地のものづくりを行う企業の商品企画から流通までをサポートする「セメントプロデュースデザイン」に相談し、眼鏡の素材や既存設備を利用できる耳かきを作ってみることに。

はじめは、原価が想定外に高くなることもありましたが、それでもあえて素材をより高価で優れたものに変更したり、パッケージデザインに仕掛けを加えることによって壁を乗り越えていきました。

キッソオの「現状を変えたい」という思いと行動力により、約半年というかなり早いスピードで完成した「鯖江ミミカキ」。2012年のギフトショーでは、当初の心配をよそに約5000本の注文が入りました。また、大阪の梅田阪急で開催されたイベントの目玉商品にも選ばれ、知名度を上げていったのです。

「次は鯖江を盛り上げたい」

4904759924359168
©2018 セメントプロデュースデザイン

キッソオは、2014年には黒字へと回復。眼鏡にとらわれていたそれまでの価値観を見直して、「眼鏡もつくる会社」として新しい道を開拓することができました。今では、「鯖江をもっと盛り上げたい」という目標に向けて、新しい仕掛けを試みています。

この商品は、直営オンラインショップ「コトモノミチ」で購入可能です。

Top image: © 2018 セメントプロデュースデザイン
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。そこで福井では、日持ちをさせるために数多...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
約400mの白い砂浜が続く孤島「水島」は、福井県敦賀半島の先端に位置します。その特長は、何と言っても圧倒的な透明度。遠浅になっているので海底まではっきりと...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
恐竜好きの私にとって、2006年8月7日に兵庫県丹波市で発見された「丹波竜」は衝撃的でした。だって、大好きなカマラサウルスとすごく似てるから! この丹波竜...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...