鯖江の技術で蘇る60'sデッドストックの「米軍用メガネ」

ロサンゼルスの倉庫から発見された、50年以上前に製造されたデッドストック状態のGIグラスのリム。そのリムを福井県鯖江で整備して蘇らせるプロジェクトがスタートした。

GIグラスとは、アメリカ軍が官給品として支給したメガネのこと。発見されたクリアグレーのモデルは、第二次世界大戦後に生産(1968年に生産終了)されたもので、ニッケル合金製のワイヤーリムからセルロースアセテートへと変更になる過渡期のもので、コレクターズアイテムとしても非常に価値が高い。

当時のリムをメンテナンスし、それに合わせてテンプルを製作するには高度な技術が必要となる。そこで白羽の矢が立ったのが、“メガネの聖地”として知られる鯖江のメガネ職人の技術だったのである。

放っておけば失われてしまう文化資産を人へ引き継ぐことで保護していく「CULTURE BANK」によるこの取り組み。クラウドファンディングでは、すでに多くの出資が集まっている。

©CULTURE BANK
©CULTURE BANK

ウェリントンシェイプにダイヤ型のリベットが特徴。

©CULTURE BANK

レンズを特別に染め上げサングラスとして製品化予定。色も忠実に当時のものを再現している。

Top image: © CULTURE BANK
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

めがねの街・福井県鯖江市の株式会社キッソオのロングセラー「鯖江ミミカキ」。2013年にグッドデザイン賞を受賞したこの耳かきは、鯖江の町工場だからこそ生み出...
「旅先にメガネやサングラスを何本ももっていきたいけど、破損が心配」。そんな人にオススメしたい「WARBY PARKER」の「Parker Travel C...
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。