鯖江の技術で蘇る60'sデッドストックの「米軍用メガネ」

ロサンゼルスの倉庫から発見された、50年以上前に製造されたデッドストック状態のGIグラスのリム。そのリムを福井県鯖江で整備して蘇らせるプロジェクトがスタートした。

GIグラスとは、アメリカ軍が官給品として支給したメガネのこと。発見されたクリアグレーのモデルは、第二次世界大戦後に生産(1968年に生産終了)されたもので、ニッケル合金製のワイヤーリムからセルロースアセテートへと変更になる過渡期のもので、コレクターズアイテムとしても非常に価値が高い。

当時のリムをメンテナンスし、それに合わせてテンプルを製作するには高度な技術が必要となる。そこで白羽の矢が立ったのが、“メガネの聖地”として知られる鯖江のメガネ職人の技術だったのである。

放っておけば失われてしまう文化資産を人へ引き継ぐことで保護していく「CULTURE BANK」によるこの取り組み。クラウドファンディングでは、すでに多くの出資が集まっている。

©CULTURE BANK
©CULTURE BANK

ウェリントンシェイプにダイヤ型のリベットが特徴。

©CULTURE BANK

レンズを特別に染め上げサングラスとして製品化予定。色も忠実に当時のものを再現している。

Top image: © CULTURE BANK
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

めがねの街・福井県鯖江市の株式会社キッソオのロングセラー「鯖江ミミカキ」。2013年にグッドデザイン賞を受賞したこの耳かきは、鯖江の町工場だからこそ生み出...
「旅先にメガネやサングラスを何本ももっていきたいけど、破損が心配」。そんな人にオススメしたい「WARBY PARKER」の「Parker Travel C...
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
4月27日、「HOYA ビジョンケアカンパニー」が、くもりにくいメガネレンズ「KUMORI 291(くもりにくい)」を発売。
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
サウナを愛しているのに、視力のせいでイマイチ楽しみきれなかったサウナーへ「サウナ専用メガネ」を紹介。
お米に愛される土鍋「best pot」を販売する「株式会社MOLATURA」が今月1日から、季節に合わせた貴重なお米が届くサービス「お米のサブスク」を開始。
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
今回は吉祥寺に6月1日にオープンした「挽肉と米」。人気すぎてなかなか入れない「挽肉と米」が出すハンバーグって、どーなんよ?
世界各地で28万7000本以上を売り上げたという、”腕に巻く” サングラス「SUNFOLD」がクラウドファンディング「CAMPFIRE」で先行予約を受付中。
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
〈Zoff〉で売ってるクリーニングクロスです。美味しそうなパッケージにヤラれて購入した、いわゆるジャケ買いアイテムですが、なかなかのスグレモノ。
矯正器具でありながら、ファッションアイテムとしても愛用されるメガネの魅力はどこにあるのか?自らも外山氏のデザインしたメガネを愛用するTABILABO代表、...
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
メガネがよく似合うイラストレーターのMattias Adolfssonさんは、自分をキャラクターにした世界で好きなことに没頭。絵の中で、まるで探検家のよう...
シャープが、マスクに続き高性能フェイスシールドなど4種6モデルを発売する。液晶パネル開発で培ってきた表面の特殊加工技術(モスアイ技術)を活用したフィルムは...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
新潟県・南魚沼産のコシヒカリを使用したブランド米「然然(しかじか)」がデビュー。それを記念したポップアップイベントが、9月18日(金)〜23日(水)に「渋...
撮影用のドローンにも様々な種類がありますが、これは画期的! 現在米軍では、大きめのハチぐらいというミニサイズの撮影用ドローンがテストされています。2015...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
ファッショングラスが、完全にスタイルに浸透している欧米。かたや日本では、まだまだトレンド感覚が拭いきれていない状況。だってほら、これくらいメガネがアイコン...
Snapはカメラ内蔵サングラス「Spectacles 3」の最新バージョンを今秋にもリリースすると発表し、米国内では早くも予約が開始された。洗練されたデザ...