鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。

めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。

「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェアは約96%を占めている、福井県・鯖江市。

人口は7万人弱ですが、福井県内で唯一人口が増えているとも言われる街です。

漆器や繊維も盛んで、「ものづくり産業」で発展してきた歴史がありながらも、その伝統をアップデートするべく「RENEW×大日本市鯖江博覧会」のような現代にフィットしたイベントに積極的なのも、鯖江がイキイキしている理由かもしれません。

「市長をやりませんか?」

そんな鯖江市で、「市長をやりませんか?」というキャッチコピーを使い、全国の学生の参加者を募い、活性化策を提案してもらっていたのが「鯖江市地域活性化プランコンテスト」という取り組み。

プロジェクトを簡単に説明すると、参加学生は事前に東京などで勉強会をし、十分に鯖江についてインプットをしてから、2泊3日の鯖江合宿に臨みます。そして、最終日には市長や市民に向けて発表をする、というもの。

こういった企画は他の自治体でも見受けるかもしれませんが、素晴らしいのはこの9月で10周年を迎えた、ということ。単発イベントで終わらなかったのはきっと、鯖江市と学生たちのエネルギーがぶつかりあってきたからではないでしょうか。

そんなエネルギーを込めた
「限定酒」で乾杯したい

この10周年を祝して生まれたのが、数々のコンクールでも受賞している地元・加藤吉平商店の銘酒「梵」の完全オリジナル酒。

「梵(ぼん:BORN)」は、サンスクリット語で「けがれなき清浄、真理をつく」という意味で、英語のボーンは「誕生、創造」も表現しているこのお酒は、まさに伝統とアップデート精神が息づく鯖江にふさわしいものかもしれません。

左「SABAE LOVE」、右「生命の花」

精米歩合35%の純米大吟醸酒と、精米歩合50%の純米大吟醸酒がブレンドされた「長期氷温熟成酒」。特別に限定でつくられたものです。

ラベルデザインとネーミングは、鯖江と梵を愛するアーティスト、勝屋久氏が担当。

このオリジナル酒が手に入るのは、 Makuakeのクラウドファンディングのみ。すでにプロジェクトはサクセスしていますが、鯖江が好き、鯖江を応援したいという人は、一緒に10周年を乾杯してみては?

Licensed material used with permission by Makuake

関連する記事

めがねの街・福井県鯖江市の株式会社キッソオのロングセラー「鯖江ミミカキ」。2013年にグッドデザイン賞を受賞したこの耳かきは、鯖江の町工場だからこそ生み出...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
化粧品メーカー「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」は、45周年特別企画となる「セルフラブキャンペーン」を開始。「RISE UP WITH ...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
目の周りに配置した6つのシリコンに加え、こめかみ専用のユニットで目元を癒す「モノルルド アイケア」が発売。人の手でマッサージされているような心地よさが魅力。
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
60'sのヴィンテージGI GRASSES。鯖江の職人がメンテナンス、調整して現代に蘇らせるプロジェクトです。
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
熊本の老舗酒蔵「美少年酒造」の大吟醸酒をそのまま配合した除菌アルコールハンドスプレー「Mistgram60」が今月20日(金)から発売。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
結成25周年を迎え、10枚目となるアルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』のリリースを控えるフー・ファイターズが、オリジナルの日本酒を発売することを発...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...