鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。

めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。

「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェアは約96%を占めている、福井県・鯖江市。

人口は7万人弱ですが、福井県内で唯一人口が増えているとも言われる街です。

8ea9a4261febd843cec860baea58ceb94ede28d3

漆器や繊維も盛んで、「ものづくり産業」で発展してきた歴史がありながらも、その伝統をアップデートするべく「RENEW×大日本市鯖江博覧会」のような現代にフィットしたイベントに積極的なのも、鯖江がイキイキしている理由かもしれません。

F11eab9ae03e19da0bc9bc55a6114c991bf6536e8ffb68bc3bc04bbd2af1309935aa5969ee96423b

「市長をやりませんか?」

そんな鯖江市で、「市長をやりませんか?」というキャッチコピーを使い、全国の学生の参加者を募い、活性化策を提案してもらっていたのが「鯖江市地域活性化プランコンテスト」という取り組み。

プロジェクトを簡単に説明すると、参加学生は事前に東京などで勉強会をし、十分に鯖江についてインプットをしてから、2泊3日の鯖江合宿に臨みます。そして、最終日には市長や市民に向けて発表をする、というもの。

こういった企画は他の自治体でも見受けるかもしれませんが、素晴らしいのはこの9月で10周年を迎えた、ということ。単発イベントで終わらなかったのはきっと、鯖江市と学生たちのエネルギーがぶつかりあってきたからではないでしょうか。

40eed0aeb1e6afad22ad582f5937cb3f47afd2a4

そんなエネルギーを込めた
「限定酒」で乾杯したい

この10周年を祝して生まれたのが、数々のコンクールでも受賞している地元・加藤吉平商店の銘酒「梵」の完全オリジナル酒。

「梵(ぼん:BORN)」は、サンスクリット語で「けがれなき清浄、真理をつく」という意味で、英語のボーンは「誕生、創造」も表現しているこのお酒は、まさに伝統とアップデート精神が息づく鯖江にふさわしいものかもしれません。

8a6bbfe88935041d2556052f8bc73e07603430d7
左「SABAE LOVE」、右「生命の花」

精米歩合35%の純米大吟醸酒と、精米歩合50%の純米大吟醸酒がブレンドされた「長期氷温熟成酒」。特別に限定でつくられたものです。

ラベルデザインとネーミングは、鯖江と梵を愛するアーティスト、勝屋久氏が担当。

このオリジナル酒が手に入るのは、 Makuakeのクラウドファンディングのみ。すでにプロジェクトはサクセスしていますが、鯖江が好き、鯖江を応援したいという人は、一緒に10周年を乾杯してみては?

Licensed material used with permission by Makuake
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
沖縄県、那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、75...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...