84歳の神様がつくる日本酒、復活。

石川県小松市の酒蔵で、「神様」が復活する。

能登の酒造り四天王
「農口尚彦」

「16歳からずっと酒づくりを続けてきましたので、引退してからの2年間、寝ても覚めても酒づくりのことが頭から離れませんでした」

「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。

酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市場で吟醸酒をいち早く広め、日本酒ブームの火付け役を担った。また、戦後失われつつあった高度な技術を必要とする山廃造りを復活させ、南部(岩手県)、越後(新潟県)、但馬(兵庫県)と並んで、日本四大杜氏である能登杜氏の四天王のひとりに数えられている。

この道、約70年——。

2012年には胃がんを患い、2015年には酒造りから身を引いた。それでもなお失われない熱い想いを胸に、ひとりでも多くの人を笑顔にできるように、と日本酒造りに再び挑む。

神様のこだわりとは?

2年のブランクを経て酒造りを再開する酒蔵は、農口杜氏の想いを受けて設立され2017年11月に完成した、石川県小松市にある「農口尚彦研究所」。

多くのファンたちが待ち望んだ、四天王の復活。
その酒造りには、こだわりがある。

こだわり01.
仕込み水

酒造りの新天地として選ばれたのは、石川県小松市観音下町(かながそまち)。霊峰「白山」の麓で、美しい田園風景が残る里山。

この地には白山連峰からの伏流水が流れ、それは農口杜氏が長年使い続けてきた水である。

こだわり02.
酒米

日本酒造りには欠かせない、酒米。

農口尚彦研究所では、地元石川県と富山県産の「五百万石」や兵庫県産「山田錦」、長野県産「美山錦」など、農家が丹精込めて栽培し、細心の注意を払って丁寧に精米されたものだけを使っている。

こだわり03.

「夢や情熱をもった若者と共に、酒造りをしたい」

ここでのコンセプトは、農口杜氏の酒造りにおける匠の技術・精神・生き様を研究し、次世代に継承すること。

2017年6月には、酒造りに夢と情熱を持った若者の公募を開始。そして、多数の応募のなかから採用された7名の若き蔵人たちが、農口杜氏と共に酒造りに挑戦する。

日本酒の全国新酒鑑評会で、連続12回を含む通算27回の金賞受賞や、厚生労働省が選ぶ「現代の名工」への認定など、これまで数多くの称号を得てきた。しかし、今回の酒造りで農口杜氏が目指しているのは、偉大な賞を取ることではなく、飲んだ人に喜んでもらうことのできるお酒をつくることだ。

酒造りから離れていたとき、手紙で応援をしてくれたファンへの恩返し。そして、酒造りを志す若者へ、想いを伝えること。神様による最後の挑戦は、とことん「人」にこだわった感謝と情熱の酒造りなのだ。

現在、Makuakeクラウドファンディングを実施中。

Licensed material used with permission by Makuake
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
8月1日、日本を代表する京都発のロースター「小川珈琲」の旗艦店「OGAWA COFFEE LABORATORY」が東京・桜新町にオープン。
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
佐賀県の「小松酒造」がつくる飲むみりん「のみりんこ」は、ブルーチーズとの相性も抜群でワイン好きにもおすすめだ。トロリと濃厚でありながら日本酒に通ずる芳醇な...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ミックスジュース発祥の店として親しまれている「千成屋珈琲」が、8月10日、「ラゾーナ川崎プラザ」に関東初出店。夏季限定の「ミックスジュースフラッペ」や、ラ...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...