84歳の神様がつくる日本酒、復活。

石川県小松市の酒蔵で、「神様」が復活する。

能登の酒造り四天王
「農口尚彦」

13aed471a178ee2dd91133ecd1bdaf5ac947b86d

「16歳からずっと酒づくりを続けてきましたので、引退してからの2年間、寝ても覚めても酒づくりのことが頭から離れませんでした」

「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。

酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市場で吟醸酒をいち早く広め、日本酒ブームの火付け役を担った。また、戦後失われつつあった高度な技術を必要とする山廃造りを復活させ、南部(岩手県)、越後(新潟県)、但馬(兵庫県)と並んで、日本四大杜氏である能登杜氏の四天王のひとりに数えられている。

この道、約70年——。

2012年には胃がんを患い、2015年には酒造りから身を引いた。それでもなお失われない熱い想いを胸に、ひとりでも多くの人を笑顔にできるように、と日本酒造りに再び挑む。

神様のこだわりとは?

10fe2ebe0287fdf1a7f7addf0c5874d153ea44c6

2年のブランクを経て酒造りを再開する酒蔵は、農口杜氏の想いを受けて設立され2017年11月に完成した、石川県小松市にある「農口尚彦研究所」。

多くのファンたちが待ち望んだ、四天王の復活。
その酒造りには、こだわりがある。

こだわり01.
仕込み水

酒造りの新天地として選ばれたのは、石川県小松市観音下町(かながそまち)。霊峰「白山」の麓で、美しい田園風景が残る里山。

この地には白山連峰からの伏流水が流れ、それは農口杜氏が長年使い続けてきた水である。

こだわり02.
酒米

3abaf387386de4879e576deabe33a2d947147dab

日本酒造りには欠かせない、酒米。

農口尚彦研究所では、地元石川県と富山県産の「五百万石」や兵庫県産「山田錦」、長野県産「美山錦」など、農家が丹精込めて栽培し、細心の注意を払って丁寧に精米されたものだけを使っている。

こだわり03.

Dd6e9585b92f11bcb0811b901d34d10706dab8cb

「夢や情熱をもった若者と共に、酒造りをしたい」

ここでのコンセプトは、農口杜氏の酒造りにおける匠の技術・精神・生き様を研究し、次世代に継承すること。

2017年6月には、酒造りに夢と情熱を持った若者の公募を開始。そして、多数の応募のなかから採用された7名の若き蔵人たちが、農口杜氏と共に酒造りに挑戦する。

C6d557cd5620a3415e507320cddf0ea6e3361053Ca2a6c3c6736e0ee1b708ac68b68c7cc085aaf19

日本酒の全国新酒鑑評会で、連続12回を含む通算27回の金賞受賞や、厚生労働省が選ぶ「現代の名工」への認定など、これまで数多くの称号を得てきた。しかし、今回の酒造りで農口杜氏が目指しているのは、偉大な賞を取ることではなく、飲んだ人に喜んでもらうことのできるお酒をつくることだ。

酒造りから離れていたとき、手紙で応援をしてくれたファンへの恩返し。そして、酒造りを志す若者へ、想いを伝えること。神様による最後の挑戦は、とことん「人」にこだわった感謝と情熱の酒造りなのだ。

現在、Makuakeクラウドファンディングを実施中。

Licensed material used with permission by Makuake
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
「神様なんていない」。そんな風に思っている人でも、一度「弥彦村(やひこむら)」を訪れたら、考えが変わってしまうかもしれない。壮大な自然に囲まれていて、そこ...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...