ストリートカルチャーと日本酒!? 佐賀県と「atmos」の異色のコラボ

佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボレーションし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズ「SAGA SAKE COLLECTION(サガサケ コレクション)」を展開。10月1日(木)より、オンラインで予約販売を開始する。

同コラボは、若者が日本酒に対して持っている“特別な場で飲む、かしこまったお酒”というイメージを払拭し、カジュアルで身近なものであることを伝えため実現。

佐賀県の11酒蔵をイメージしたファッショングッズを、今回のためだけに作られた各酒蔵の限定オリジナルラベルの日本酒とセットにして販売する。

なお、ロゴ制作を手掛けるのは人気グラフィックアーティストMILTS(ミルツ)氏。日本酒ラベルで多用される伝統的な髭文字をリスペクトしつつ、ストリートカルチャーを随所に表現して魅せた。

コラボレーショングッズの詳細や販売サイトはコチラで後日発表される。

佐賀県 atomos サガプライズ!
©佐賀県
佐賀県 atomos サガプライズ!
©佐賀県
Top image: © 佐賀県
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
東京のスニーカーカルチャーを牽引するセレクトショップ「atmos」が、今月21日、ファッションに特化した「コカ・コーラ」の専門ショップ「COCA-COLA...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
佐賀県の「小松酒造」がつくる飲むみりん「のみりんこ」は、ブルーチーズとの相性も抜群でワイン好きにもおすすめだ。トロリと濃厚でありながら日本酒に通ずる芳醇な...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
人気スニーカーショップの「atmos」が「アディダス」とコラボレーションし、アディダスのスニーカーに特化した新店舗「A.T.A.D」をオープン。
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。