「温度変化」で日本酒の旨みを引き出す「酒器」

「日本酒は苦手」という人にお酒の温度を変えて提供すると、すんなり飲めることがある。これは、日本酒のもつ特性

冷蔵庫でキンキンに冷やした「雪冷え」にはじまり、「涼冷え」「常温」「人肌燗」「熱燗」の上をいく「飛切燗」まで。温度帯別に11段階の幅広い飲み方で、味と香りを楽しむことができるお酒だ。

さて、ここからが本題

温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」「冷温機」のセットアップが登場した。温度の移ろいを楽しむ酒器「hiyakan」は、約10℃〜55℃の範囲で温度変化をコントロール。つまり、日本酒の魅力をすべて網羅してしまうわけだ。

©Makuake

冷却から加熱までをボタン操作ひとつでスムーズに実現するのは、半導体熱電素子「ペルチェ素子」によるもの。ワインセラーやパソコンのCPU冷却装置などに用いられる特性を冷温機に代用した。

上ものの「酒器」は、優れた熱伝導性抗菌作用イオン効果があり、酒器として人気の錫(すず)製。しかも、日本を代表する鋳物メーカー「能作」の職人による手仕事という一級品だ。ゆえに価格も3万7213円(税込)とそこそこ。

それでも、おいしい肴と旨い酒で迎える街の飲み屋に出かけずとも、家でゆっくり、温度変化をちびちび飲みながら盃を空ける。これもまた、酒好きにはたまらない時間。さまざまな日本酒の表情を好みの温度で味わってみては?

©Makuake
©Makuake

『hiyakan』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/hiyakan/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
10月22日よりAirbnbもGoToトラベルキャンペーンが適用になりました。そこで今回は、Airbnbと協力して、おすすめの宿をピックアップ。泊まりたい...
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...