「日本酒が好き」ってちゃんと言える女子になるために。

日本酒が好きです。といっても日本酒に対する深い知識があるわけではないのですが。それでも日本酒が好きだと思うのは、他のお酒にはない“ストーリー”があると思うから。

日本酒は日本各地にある蔵元で、その地で育まれた米を使い、湧き出る水を用いて作られています。もちろん気候も影響するし、作り手によっても味が変わる。さらにはその土地の人々の想いとか、地域の歴史なんかも加わって、はじめてその日本酒は世に出ていきます。

日本酒をいただくということは、そんな壮大なストーリーごと愉しむということだと、勝手に解釈しています。

なんてことを思っていた矢先に、これ以上ないストーリーを持つ日本酒を発見しました。

24歳、日本最年少の女性杜氏が誕生。

5327096591155200

福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が彼女、吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏なのです。

真子さんは、大学卒業後すぐに酒造りの世界へ。北海道での修行、蔵の創業などを経て、自身の生家でもある吉田酒造の杜氏に就任したのです。そして、今回が彼女がつくるはじめての日本酒。そんな貴重な日本酒を是非とも味わってみたい!そう素直に思いました。

さらに原料のお米・山田錦はすべて自分たちの田んぼで収穫されたのだとか。お米からつくっているんですって!そんな純米大吟醸無濾過生原酒と聞けば、日本酒フリークじゃなくても、その貴重さがなんとなくわかるのでは。

家族で挑む、日本酒の未来。

5985657885294592

吉田酒造の杜氏は次女・真子さん。営業責任者は長女・祥子さん。蔵元は母・由香里さん。女性が多いからか、この日本酒にはいたるところにやわらかさとしなやかさを感じます。

まずはそのデザイン。日本酒というと渋いイメージや古めかしいラベルが思い浮かぶかもしれませんが、まっ白な紙に型押しで表現されたラベルは日本酒の固定観念を揺さぶってくれます。それもすべてが吉田酒造の挑戦。

そして気になるその味。真子さん曰く「雑味がなく、ほどよく香りもあり、芯がしっかりしていて深みのある味わい」ということなので、これまた“日本酒ってガツンとくる強いお酒”なんていうイメージを持っている人にも挑戦しやすそう。

6548702596431872

ね?もっともっと聞きたくなるようなストーリーが満載でしょ?私は大切な親友をお家に招いて、ちょっとだけウンチクを披露しつつ、この日本酒をいただきたいなと思いました。

そんな究極の純米大吟醸酒、限定1505本が6000円(税込)から「Makuake」でのみ購入可能です。

Licensed material used with permission bymakuake
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
「神様なんていない」。そんな風に思っている人でも、一度「弥彦村(やひこむら)」を訪れたら、考えが変わってしまうかもしれない。壮大な自然に囲まれていて、そこ...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
世界の食通が発見する前に、この新しい「ボタニカルなSAKE」を日本人として試したい。