「日本酒が好き」ってちゃんと言える女子になるために。

日本酒が好きです。といっても日本酒に対する深い知識があるわけではないのですが。それでも日本酒が好きだと思うのは、他のお酒にはない“ストーリー”があると思うから。

日本酒は日本各地にある蔵元で、その地で育まれた米を使い、湧き出る水を用いて作られています。もちろん気候も影響するし、作り手によっても味が変わる。さらにはその土地の人々の想いとか、地域の歴史なんかも加わって、はじめてその日本酒は世に出ていきます。

日本酒をいただくということは、そんな壮大なストーリーごと愉しむということだと、勝手に解釈しています。

なんてことを思っていた矢先に、これ以上ないストーリーを持つ日本酒を発見しました。

24歳、日本最年少の女性杜氏が誕生。

福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が彼女、吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏なのです。

真子さんは、大学卒業後すぐに酒造りの世界へ。北海道での修行、蔵の創業などを経て、自身の生家でもある吉田酒造の杜氏に就任したのです。そして、今回が彼女がつくるはじめての日本酒。そんな貴重な日本酒を是非とも味わってみたい!そう素直に思いました。

さらに原料のお米・山田錦はすべて自分たちの田んぼで収穫されたのだとか。お米からつくっているんですって!そんな純米大吟醸無濾過生原酒と聞けば、日本酒フリークじゃなくても、その貴重さがなんとなくわかるのでは。

家族で挑む、日本酒の未来。

吉田酒造の杜氏は次女・真子さん。営業責任者は長女・祥子さん。蔵元は母・由香里さん。女性が多いからか、この日本酒にはいたるところにやわらかさとしなやかさを感じます。

まずはそのデザイン。日本酒というと渋いイメージや古めかしいラベルが思い浮かぶかもしれませんが、まっ白な紙に型押しで表現されたラベルは日本酒の固定観念を揺さぶってくれます。それもすべてが吉田酒造の挑戦。

そして気になるその味。真子さん曰く「雑味がなく、ほどよく香りもあり、芯がしっかりしていて深みのある味わい」ということなので、これまた“日本酒ってガツンとくる強いお酒”なんていうイメージを持っている人にも挑戦しやすそう。

ね?もっともっと聞きたくなるようなストーリーが満載でしょ?私は大切な親友をお家に招いて、ちょっとだけウンチクを披露しつつ、この日本酒をいただきたいなと思いました。

そんな究極の純米大吟醸酒、限定1505本が6000円(税込)から「Makuake」でのみ購入可能です。

Licensed material used with permission bymakuake
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。