日本酒好きの私が、宅飲みに持って行くなら絶対コレ

大学時代、クラスのみんなと集まってよくお酒を飲んだ。時間を見つけては、誰かの家に集まって、たわいのない話をしたものだ。
いわずもがな、楽しかったんだけれど、そんななかで「お酒」のセレクトには、どこかいつも、少しだけむずかしさを感じていた。大人数が集まるとやっぱり好みの系統が変わってくる。かといって、各々が好きなものを好きなだけ買おうとすると、限られた予算をオーバーするし、かさばるし、もはや収集がつかなくなるし。
 
……という大学時代のことを思い出したのは、これからご紹介する「ぽんしゅグリア」を見つけたから。そして、それは、大学時代に感じていた「宅飲みにおける、お酒のセレクト問題」を解決できるかもしれない、とも思ったりした。

ぽんしゅグリア、こう楽しむ。

まず、「ぽんしゅ」は日本酒の俗称。「ぽんしゅグリア」は、サングリアをヒントに考えられた日本酒カクテルのことなのだ。そして、正確にいうと、「ぽんしゅグリア」という商品は、日本酒カクテルキットである。

 

清酒カップをイメージしたというカップの中身を見てみると……

国産フルーツと、新潟銘菓のはっか糖、甜菜(てんさい)糖がこんなふうに。つくり方はいたって簡単、好きな銘柄の日本酒180ccをカップに注ぐだけ!お酒を注いだときに、はっか糖が浮かび上がり、そのあと1〜2分ほど待つと雪が降るように溶けていく。この瞬間も見逃さないでほしい。

フレーバーだってこんなに。もも、ゆず、りんごをはじめ、農家さんとコラボした数量限定フレーバーにも注目だ。今でいうと、新潟県産イチゴ「越後姫」や、幻の洋ナシ「ル レクチエ」(「ル レクチエ」の詳細はぜひコチラをチェック!)が登場中。

飲んでしまった後に残ったフルーツは、日本酒が沁みこんで、じんわりおいしいおつまみにもなる。フルーツをみんなで交換し合うのも楽しそうだ。

いろんな飲み物に化ける
ぽんしゅグリア

これだけでも、なんかもう、宅飲み(とくに女子会)ウケしそう感満載なんだけど、本当におすすめな理由としてはこれ以降が本題だ。

まず、今の季節にうれしい熱燗バージョンもつくれること。

電子レンジで1分間温めると「燗(かん)グリア」が完成する。

 

つぎに、飲み方をアレンジできるから、お酒が強い人も弱い人も、一緒に“同じもの”を楽しめること。どういうことかというと、

●「日本酒は飲みにくい」と思っている人は、日本酒の量を少なめにして、ロック、ソーダ割りにすることで飲み口が軽く、爽やかになる。

●「それでも・・・」という人は、さらに果汁を加えてジューシーに。りんごのフレーバーにはりんごジュースというふうに同じものを加えてもいいし、あえて違う果汁を入れるのもおいしそうだ。

●「そもそもそういう問題じゃない!(お酒飲めない)」という人は、紅茶を入れてフレーバーティーにする飲み方もある。

●番外として、「飲み足りない」という人は、もちろん、注ぐ用に用意しておいた日本酒をそのまま飲んだっていいわけだ。

 

宅飲みは、全員が同じ商品で乾杯できると統一感があって盛りあがる。それも叶ううえに、飲む人の強さによって中身も調整できる。大人数の宅飲みにおいて“こんなに画期的なお酒って、なかなかないんじゃないか?”って。しかも、運ぶ必要があるのはとりあえずキットと一升瓶(一旦氷とか紅茶とかは家にある想定で話している)。“大量の缶に、瓶に、おつまみに、プラスチックコップに...”って、いろんなものの混合物を運ぶより、運びの効率もよさそうだ(これはほとんど気持ちの問題かもしれないが…)。

清酒カップに閉じこめたのは
日本酒への想いと
国産フルーツのおいしさ

酒造数、日本酒消費量ともに日本一の新潟で生まれた「ぽんしゅグリア」。「日本酒離れする女性や若い世代に、もっと手軽に楽しく日本酒を飲んでもらいたい」という想いともうひとつ、「果樹園で大量に発生している市場に出まわれなかったフルーツたちを救いたい」という農家さんへの想いがかけ合わさって生まれたものだ。開発した「FARM8」さんいわく、今後の夢は全国の果物と繋がること。“フォトジェニックでおいしそう”なだけじゃなくって、そんなステキな想いまで込められていたのだ。

 

……というわけで、私は、次に、大学のみんなと誰かの家で集まる時には、必ず「ぽんしゅグリア」で乾杯する、と心に決めたのだった。

Licensed material used with permission by FARM8
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。