余ったビールで料理を劇的に美味しくする裏ワザ

宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術さえ抑えておけば、流しの前でやるせない想いになることもなし。

ビールのおいしい季節です。家で飲む機会が多い人は、ぜひ試してみませんか。

01.
お肉を漬け込んで
柔らかさUP

まずは基本中の基本ワザ。

調理前1〜2時間ほど、お肉がひたるくらいの量のビールに漬け込んでおくだけで、ビールの炭酸や有機酸がタンパク質を分解して、お肉を柔らかく、ジューシーな仕上がりにしてくれます。

02.
失敗しないサクサク天ぷら
決め手は衣にビール!

天ぷらをサクッと揚げるのに、ビールを使うと聞いたことがありませんか?天ぷら粉を溶く冷たい水の半分をビールにするだけ。本当に小ワザです。

ビールに含まれる炭酸が衣の中に空洞をつくるため、その空洞から食材の水分が抜けて、サクサクの衣に仕上がるというロジック。さらには衣にも、ビールのうまみ成分が加わりおいしさもUP!

03.
煮込み料理に奥行きを出す

煮込み料理にもビール、より深みのある味わいになります。オススメはトマト煮込みやカレー。では、どのくらいの量を目安にすればいいか。基本は煮込むために使う水分の半分から1/3程度。入れすぎると苦味と甘みが際立つので注意しつつ、あとはお好みで調整を。

飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。