余ったビールで料理を劇的に美味しくする裏ワザ

宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術さえ抑えておけば、流しの前でやるせない想いになることもなし。

ビールのおいしい季節です。家で飲む機会が多い人は、ぜひ試してみませんか。

01.
お肉を漬け込んで
柔らかさUP

まずは基本中の基本ワザ。

調理前1〜2時間ほど、お肉がひたるくらいの量のビールに漬け込んでおくだけで、ビールの炭酸や有機酸がタンパク質を分解して、お肉を柔らかく、ジューシーな仕上がりにしてくれます。

02.
失敗しないサクサク天ぷら
決め手は衣にビール!

天ぷらをサクッと揚げるのに、ビールを使うと聞いたことがありませんか?天ぷら粉を溶く冷たい水の半分をビールにするだけ。本当に小ワザです。

ビールに含まれる炭酸が衣の中に空洞をつくるため、その空洞から食材の水分が抜けて、サクサクの衣に仕上がるというロジック。さらには衣にも、ビールのうまみ成分が加わりおいしさもUP!

03.
煮込み料理に奥行きを出す

煮込み料理にもビール、より深みのある味わいになります。オススメはトマト煮込みやカレー。では、どのくらいの量を目安にすればいいか。基本は煮込むために使う水分の半分から1/3程度。入れすぎると苦味と甘みが際立つので注意しつつ、あとはお好みで調整を。

他の記事を見る
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
「それ、家にあったらめっちゃイイですね!」あるプロダクトの紹介記事を書こうとHPを眺めていると、僕のPCを覗き込んだビール好きの後輩が話しかけてきた。どう...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
好きなだけビールを注いで飲む。これを可能にしたのが「PourMyBeer」。専用カードをビアサーバーにタッチすれば、ロックが解除され、自分でビールを注げる...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...