ブラジルのおいしいお酒を飲むなら「Bar TRENCH」へ――ブラジルのお酒と料理 特集

©2019 TABI LABO

ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。

まだまだポピュラーではないブラジルのお酒カシャッサをおいしく飲みたいなら、このお店に行っておけば間違いなし。もちろん他のお酒もおいしいです。

このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハッタンといった、よくあるカクテルは載っていません。その代わりに、珍しい名前がズラリと並んでいます。

いつものメニューを注文するのではなく
もっと色々なカクテルを楽しんで欲しい

©2019 TABI LABO

例えば今なら、HOSHIKO DE IPANEMA(ホシコ デ イパネマ)というお酒が飲めます。日本の梅リキュール・星子と、サトウキビの甘い香りが特徴的なブラジル原産の蒸留酒カシャッサを合わせたカクテルです。

グラスは、グラニュー糖やクローブ、シナモンを飾り付けたスノースタイル。フルーティーで、甘く、スパイシー。価格は一杯1512円(税込)。この価格がいかにお得かは、メニュー考案者や、使われているお酒のことを知るとよく理解できます。

お店のメニューを考案しているのは、ヘッド・バーテンダーのロジェリオさん。ブラジル出身で、国内外のバー文化に詳しく、薬用酒やビターズなど、世界中の珍しいお酒を積極的に紹介しているパイオニアとして知られています。

彼がこのお店でカクテルベースとして使うお酒の多くは、手頃な価格帯のバーでは使われることのないもの。豊富な知識と経験によって選びぬかれた日本未入荷の貴重なリキュールもあります。数百冊あるというカクテルの文献を参考にしながら、季節が変わるごとに新たなメニューを提供しています。

そんな本格的なカクテルを、格式の高さと開放的な雰囲気をバランスよく両立したお店で気軽に楽しめるのが魅力です。ここでカクテルを飲めば、きっとバーが好きになるはず。どんなお店か、ロジェリオさんにお話を聞きました。

ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
アジアNo.1の女性パティシエが手がける。 デザートとお酒が夜遅くまで楽しめる、日本初のデザートバーJANICE WONG DESSERT BAR〒151...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...