これぞ「ブラジルの至宝」と呼びたくなる、しあわせスイーツ

コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透した国民的スイーツです。

クセになる甘さをぜひ試してみて!

情熱の甘さはブラジル人の魂

2b9be778ee00c7782c9059d8969525b26e5c8169

キャラメル入りの濃厚な生チョコのような味わいのブリガデイロは、誕生日やお祝いの席で必ずといっていいほど食べられるお菓子。リオオリンピックの際も、ブラジル国旗カラーが発売になったというから、お土産に買って帰る人も多かったことでしょう。

とにかく材料は3つ、工程も煮詰めて冷やすだけ。試しにつくってみませんか?

 煮詰めて混ぜて冷やすだけ
「ブリガデイロ」のつくり方

鍋にコンデンスミルク100gを入れて、もったりとしたとろみがつくまで煮詰めます。そこにバター20g、ココアパウダー大さじ1を加えて混ぜ合わせ、バットに入れて冷蔵庫にひと晩置いて冷やし固めます。それを4等分にして丸めて、ココアパウダーをふってできあがり。

大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
いつもとはちょっと違ったシチューをつくりたい、というときにオススメしたいのがこの料理。旬の魚介類を好きなようにアレンジしてココナッツミルクと一緒に煮込んで...
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...