マフィアに愛された「タルト」。失敗のはずが、なぜ大成功に?

ナポリの真南、ティレニア海に浮かぶ小さな島・カプリ島。イタリアきっての観光地「青の洞窟」でも有名なこの島が発祥のチョコレートタルトがあります。その名は「トルタ・カプレーゼ」。

小麦粉をはじめ、穀粉をいっさい入れないでつくる珍しいレシピに、健康意識の高い欧米人たちは、「グルテンフリーのケーキ」として注目しているようです。

さて、ここではトルタ・カプレーゼのレシピ、ではなくこのタルトの誕生秘話にご注目。起源について諸説あるようですが、「Food 52」で紹介されていたマフィアと密接な関係のあるこのエピソードが最高。

マフィアとスイーツの
蜜月な関係

Eebe8e0dbf7f747bf0a736b6312601124034de8b
Photo by Emiko Davies

それは、今からおよそ100年前1920年代のこと。3人のイタリア系アメリカ人のマフィアたちが、風光明媚なカプリ島を訪れた時のこと。

彼らはボスであるアル・カポネの命を受け、この島にスパッツを買いに来ていました。今のものと違い、当時のスパッツは短い靴の上からかぶせるように装着するもので、19世紀末から20世紀初頭にかけてファッションとして流行していました。

ピンストライプ地のスーツにフェルト製の中折れ帽、そしてこのカプリでつくられる白いスパッツが、この時代のアル・カポネのトレードマークだったようです。

致命的なミスから一転
結果オーライが生んだ味

さて、この島には腕利きのケーキ職人がいました。Carmine di Fioreがその人。ある日、彼はアメリカからやってきた例の3人に、チョコレートとアーモンドのタルトをつくることに。

そこで、ある事件が起きたのです。

じつはCarmine、マフィアたちの雰囲気に萎縮した訳ではないでしょうが、本来ならば材料に入れるはずの小麦粉をうっかり入れ忘れたことに気がつかず、タルトを焼いて彼らに提供してしまいました。

ボウルに用意されたままの小麦粉を目にしたときは、すでにあとの祭り。すると、テーブル席からCarmineを呼ぶ声が。自分の失態を責められる、きっと生きた心地がしなかったはず。なんせ、タルトを振舞っているのはフツーのお客ではないのですから。

ところが…失敗は成功のもと?マフィアたちは、これまで口にしたこともない甘く濃厚なタルトをいたく気に入り、Carmineを厨房から呼び出してまでレシピを聞きたかったと伝えたそう。

外はサクサクの食感、なのに中は驚くほどにしっとり。この日、マフィアが感激した味こそ、のちにトルタ・カプレーゼと呼ばれるものだった、というお話です。

5つの材料を混ぜて焼くだけ

4374efbae6b8f288cd07f4b49ace2acf77d7ae5c
Photo by Emiko Davies
13b8743373b4e88a1a559f5e11b026bded93d25f
Photo by Emiko Davies

アーモンドプードル(粉末にしたアーモンド)にチョコレート、バター、砂糖、あとは卵。すべて同じ量にして混ぜて焼くだけ。レシピなんてなくてもOK、材料さえ覚えておけばすぐにだって作れちゃうはず。一応、丁寧につくり方を書いてくれている、Emiko Daviesさんのレシピをこちらに。

シンプルながらデカダンを漂わす見た目とユニークなエピソード。今度はブラウニーでなく、こちらを試してみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission by Food 52
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
ビジュアルは、どこからどう見てもデコレーションケーキ。でも、その実態は…これは、見て楽しい、食べて楽しい、笑顔があふれる新しいかたちのサラダ「ベジデコサラ...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
色鮮やかなフルーツを使ったこだわりのタルトが人気のキル フェ ボンから、とても贅沢な“冬限定”商品が登場しました。その名も「特選 白イチゴ〜初恋の香り〜の...
タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
映画『ゴッドファーザー』で毒殺の小道具に使われるなど、ストーリーの要所でカギを握るのが、このシチリア伝統菓子「カンノーロ」。夏のデザートとして最高ですよ。
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
「失敗は成功のもと」は誰もが知っている言葉。しかし、意味は理解できてもどうすればそれを信じることができるのか、というのはまた別の話。「Spanx」を設立し...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。