「マンマ……」マフィアが童心に戻った瞬間。

不朽の名作『ゴッドファーザー』に登場する料理のひとつに、「チキン・カチャトーラ」があります。(正式な字幕はチキン・“カチャトーレ”)。

日本のレストランで見かけるものの多くは、トマトで煮込むアメリカ風。でも、ここで紹介するのはワインをたっぷり入れた、南イタリア風のレシピです。

そもそも、カチャトーラとは「猟師風の」といったニュアンスで、料理として厳格な定義はないようです。ゆえに、トマト煮込みのアメリカンスタイルや、ここで紹介する赤ワイン煮込み、さらにイタリア北部では白ワインを使ってのものも。

では、イタリア版おふくろの味のご紹介。

鶏肉を赤ワインに漬け込み、にんにくとオレガノを加えてひたすら煮込むだけ。

材料:2人分

鶏肉:300g
タマネギ:1/2個
マッシュルーム:4個
赤ワイン:150cc
オレガノ:大さじ2
にんにく:1片
オリーブオイル:大さじ2
塩:適量
こしょう:適量

作り方

【1】鶏肉をぶつ切りにし、密封袋に赤ワインと一緒に入れ半日以上漬け込む。

【2】フライパンにオリーブオイルを入れ、密封袋から鶏肉だけ取り出し表面に焼き色がつくまで焼く。

【3】鍋に移して焼いた鶏肉、密封袋の赤ワイン、にんにく、オレガノ、浸るくらいまで水を加えて弱火で90分煮込む。

【4】タマネギはくし切り、マッシュルームは半分にし、160度に予熱したオーブンで15分焼き3に加えて塩、こしょうで味を整えたら完成。

Licensed material used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
どこで生まれ育ったかは、味覚を決定するうえで重要な要素なんですね。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。