睡眠の質を上げてくれる不思議な「北欧のスープ」

フィンランドおふくろの味、というくらい現地で親しまれているスープがあります。サーモンと野菜、牛乳で煮込んだ家庭的な味には、心地よい睡眠をサポートする栄養素が詰まっているんですよ。

鮭のスープ「ロヒケイット」が
眠りによいとされる理由

睡眠に深く関わるホルモン、セロトニン。その原料であるアミノ酸の一種トリプトファンが多く含まれているのが牛乳とサーモン。さらに、サーモンにはトリプトファンの吸収に必要なビタミンB6も含まれていて、セロトニンの分泌を促してくれるんだそう。

また、温かい食事をとることで体の内部温度が上昇し、次第に下がって元の体温に戻るとき、人間は眠気を感じるという説もあります。

<材料>
・長ネギ:1/4本
・にんじん:1/3本
・じゃがいも:1個
・サーモン:1切れ
・水:200ml
・固形ブイヨン:1個
・牛乳:200ml
・塩コショウ:適量
・オリーブオイル:大さじ1

<つくり方>
長ネギをみじん切り、にんじん、じゃがいもは皮をむいてひと口サイズに切ります。サーモンも一口サイズにカットしておきます。

フライパンにオリーブオイル、長ネギを入れて弱火で熱し、透き通るまで炒めたら、にんじん、じゃがいも、サーモンを入れてさっと炒めます。水と固形ブイヨンを加え野菜に火が通るまで、中火で煮たら牛乳を入れて温め、塩コショウで味を調えましょう。これで完成。

仕上げの塩をしっかり効かせることで、素材のおいしさがいっそう引き立ちますよ。

ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
炭鉱夫たちが採掘に入る前、壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかく。そういう労働者の食事として誕生したスープだそ...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
くわいの生産量日本一の広島県福山市の「くわいぽたーじゅスープ」を紹介する。くわいは普段はなかなか市場に出回らず、身から芽が伸びている形から縁起物としておせ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
鶏肉を赤ワインに漬け込み、にんにくとオレガノを加えてひたすら煮込んだだけのこの料理。そんな無造作ななかにも「家族の愛」が込められています。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
どこで生まれ育ったかは、味覚を決定するうえで重要な要素なんですね。
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
20年以上も山口県民に愛される、下関発のソウルフード。『下関もずくセンター』の「もずくスープ」。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...