ピーナッツを「絶品スープ」にかえる魔法のレシピ

東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?

4,000年の長〜い歴史の
どこかで生まれたスープ

11e4dd69d9652b83afadeaa29cbc364feffbf8b2

南米エクアドルの名物料理「ソパ・デ・マニ」、じつはそのレシピの出自は、当地でもあまり知られていないようなのです。一説によると古代ペルーでは、およそ4,000年近く前からピーナッツの栽培がされてきたんだとか。こうした長い歴史の中で定着してきた、エクアドル人の伝統料理だったのかもしれませんね。

そうそう、写真でもわかるようにピーナッツがメインのスープでも、ポタージュ状にしてしまうため、原型はどこにもありません。食べてみてはじめてピーナッツを感じる不思議なスープです。

〈材料:2人分〉

・玉ねぎ:1/2個
・じゃがいも:2個
・パクチー:適量
・ピーナッツ:50g
・鶏もも肉:100g
・水:250ml
・固形ブイヨン:1個
・牛乳:300ml
・塩コショウ:適量
・バター:20g

〈つくり方〉

玉ねぎはみじん切り、じゃがいもは皮をむいて薄切りにします。パクチーは1cm幅、鶏もも肉は一口サイズに。

フライパンにバターを入れて中火で熱し、玉ねぎを透き通るまで炒めたら、じゃがいも、ピーナッツを加えてさっと炒めます。そこに水を加えて、じゃがいもに火が通るまで煮ていきます。いったん火を止め、粗熱が取れたらミキサーにかけて滑らかになるまで混ぜましょう。

フライパンに鶏もも肉を入れて火が通るまで焼いたら、ポタージュ状になったスープを戻し入れます。さらに固形ブイヨンを加えて煮立たせ、牛乳を加えて少しとろみがつくまで温めましょう。

塩コショウで味をととのえたら器に盛り、最後にパクチーを散らして完成です。

くわいの生産量日本一の広島県福山市の「くわいぽたーじゅスープ」を紹介する。くわいは普段はなかなか市場に出回らず、身から芽が伸びている形から縁起物としておせ...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
寒くなればなるほど恋しくなるのが、もったり濃厚なポタージュ。これをつくろうとすれば、普通はミキサーやフードプロセッサーの登場、となるワケです。でも、ミキサ...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
スケート大国オランダでは、冬のあいだ凍りつく川や湖を天然のスケートリンクとして楽しんでいるそうです。周囲には、日本でいうところの“海の家”感覚の小さな小屋...
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...