世界中の「おいしい!」を一生のうちに食べ尽くす、たったひとつの方法。

世界のどこかで毎日食べられている料理を、自宅で気軽につくって食べられたなら。そして、その料理をキッカケに世界の人々とつながっていけたなら。

そんな想いを胸に、おいしい一皿で世界とつながってきた料理人がいます。『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんがその人。

「食って、人間にとってもっとも身近なものであり、重要なものです。わたしは料理を紹介することを通じて、お互いに助け合える世の中になるよう努力していきたい。この想いは今も昔も変わりません」

風土や文化の違いはそのまま個性となり、その土地ならではの味が生まれてきました。本山さんが残したいのはそんな料理なのかもしれません。世界各国で修行を積んだ、料理人の想いが込められた「世界のレシピ」を紹介します。

 

CONTENTS

『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...