パーソナルトレーナーの食べて痩せるおやつレシピ①「グラハム・ココアクラッカー」

ガマンは逆効果。

ダイエット中でも、おやつはむしろ食べたほうがいいんだそうです。

その理由は、先日、人気パーソナルトレーナー・門脇妃斗未先生に伺ったお話の通り(詳しくはコチラ)。

まずは、自分が食べたいと思うお菓子を食べるところから。そして「自分が食べたいと思ったタイミング」がきたら、「手作りのおやつ」にチャレンジしてみるのがポイントとのこと。

今回は、門脇妃斗未先生おすすめの、手作りおやつレシピを紹介します。

第一回は、チョコ好きの手が止まらなくなる「グラハム・ココアクラッカー」

人気パーソナルトレーナー・門脇妃斗未先生おすすめの、食べて痩せる手作りおやつレシピ「グラハムココアクラッカー」
©2021 NEW STANDARD
妃斗未先生(アイコン:愛猫GOちゃん)

売ってるようなココアのグラハムクラッカーを、家でも簡単に作れないかな〜と考えていたらできたレシピです。

ライター(アイコン:愛猫はっさく)

おやつに「チョコ」系は外せないですよね〜。

妃斗未先生(アイコン:GOちゃん)

バターを使わず植物性の材料だけで作っているので、体に優しく、消化の負担が少ないし、全粒粉なので、糖の分解に必要なビタミン・ミネラルも豊富なクラッカーになっています。

トッピングがないシンプルな状態でもおいしいですが、好みのチョコを溶かしてかけたり、チョコチップを生地に入れ込んでも◎。さらに上から砕いたナッツをかけてもおいしいですよ。

 作ってみる🥣

人気パーソナルトレーナー・門脇妃斗未先生おすすめの、食べて痩せる手作りおやつレシピ「グラハムココアクラッカー」、材料一覧
©hitomi kadowaki
▼材料(3cmx2cm 30〜40枚分)
・全粒粉 100g
・ココア ⼤さじ2
・甜菜糖 ⼤さじ3
・オリーブオイル ⼤さじ3
・⾖乳 ⼤さじ3
(デコレーション用)
・チョコレート 少々
・ピスタチオ ひとつかみ
 
※全粒粉はお好みの粉類をお使いください
※甜菜糖はお好みの甘味をお使いください
※オイルはお好みのオイルをお使いください
※豆乳はお好みのミルクをお使いください
 
 
▼器具
・ジップロック
・めん棒
・ピザカッター
・オーブン
 
※ジップロックはお持ちのビニールなどでも代用できます
※めん棒はボトルなどで代用できます
※ピザカッターはお持ちの包丁で大丈夫です
 
 
▼作り方
①ジップロックに材料をすべて入れて揉むように混ぜる
②めん棒で平らに伸ばす
③ジップロックをハサミで切り、表面にオーブンシートを貼って裏返す
④ジップロックの上からめん棒で5mmほどの厚さに伸ばす
⑤ピザカッターで一口サイズにカットする
⑥180度のオーブンで20分焼く
⑦チョコレートを湯煎で溶かし、焼き上がった生地にかけ、上から刻んだピスタチオをデコレーションする
 
 
▼ポイント
生地全体を同じ厚さに伸ばすことで、綺麗に焼き上がります
人気パーソナルトレーナー・門脇妃斗未先生おすすめの、食べて痩せる手作りおやつレシピ「グラハムココアクラッカー」、ポイント図
©hitomi kadowaki
門脇妃斗未

パーソナルトレーナー。YouTubeInstagram、Yahoo!などで、自宅でできるトレーニング動画を配信。2019年には、DMMオンラインサロンも開設し、ダイエット中の食事の相談なども行なっている。明るいキャラクターと、ユーザーに寄り添う指導が大好評。著書は「なかなか痩せない人程、脂肪がどんどん燃える 燃焼系HIITダイエット/PHP研究所」など。愛猫は19歳のオス猫・GOちゃん。

HP:HIIT ME FIT

Top image: © 2021 NEW STANDARD