寒くなると無性に食べたくなる「魅惑のチーズレシピ」7選

寒くなってくると、なんだか「チーズ」がグッとおいしく感じませんか?

グラタンやピザなんかのとろ〜り系にも惹かれるし、ワインと合わせるブロックチーズもいろいろ買い揃えたくなります。

チーズって、おやつにもなるし、ちょっとした料理をご馳走に変身させてくれたりもしますよね。

そんな「チーズ」を、今よりもっと楽しむためのレシピを7つご紹介します。

クリスマスや年末年始のパーティ用の一品にも、ぜひ。

ちょっとリッチな朝ごはん
「モンティクリスト」

ちょっとリッチな朝ごはん 「モンティクリスト」
©co__cha

その名は「モンティクリスト」。

この、なかからチーズがトロ〜リと出たカナダ生まれの食べ物を大まかに説明するならば、「フレンチトースト+クロックムッシュ」といったところでしょうか。

でも、砂糖やバターをほとんど使わない分、フレンチトーストやクロックムッシュよりもヘルシーなのだとか。

ちょっとリッチな朝食にいかがですか?

 

詳しく読む>>>

チーズをかける手が止まらない
「マカロニ料理」

チーズをかける手が止まらない 「マカロニ料理」、マカロニ&チーズ

海外では缶詰でも売られているほど定番の味「マカロニ&チーズ」。

アメリカではおふくろの味の一例としてよく紹介されたりします。

こってりチーズと、ぷにゅぷにゅ食感が心地いいマカロニの組み合わせ、それだけで充分おいしいのですが、ここで紹介するのはより濃厚で風味豊かに頂くためのレシピ。

より濃厚で、いっそう風味豊かなマカロニチーズ。ランチやおやつ、夜食にもいかがですか?

 

詳しく読む>>>

手作りスイーツのレベルがUP
「牛乳マスカルポーネ」って?

手作りスイーツのレベルがUPする 「牛乳マスカルポーネ」って?

上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら、手作りスイーツの質がグッと上がりますよね。

用意するのは、牛乳、レモン汁、生クリームの3つ。

これだけで、限りなくマスカルポーネに近い味を再現できちゃうんです。

 

詳しく読む>>>

グリルドチーズサンドを
「カマンベール」で作ると…

アメリカにおいて、元祖ホットサンドといえば「グリルドチーズサンド」でしょう。

とろ〜りとろけるチーズをこんがり焼いたパンにはさんだだけのサンドイッチですが、映画やドラマのワンシーンでもたびたび登場する、アメリカ人のソウルフードです。

この定番中の定番ともいえるサンドイッチ、チーズは一般的にチェダーやゴーダが用いられていますが、これを「カマンベール」に置き換えると、おつまみとしても最高のものになるんです。

 

詳しく読む>>>

意外と簡単!?自宅で
「さけるチーズ」を作る方法

おやつにも酒の肴にもってこいの「さけるチーズ」。

細かくさきながら食べるチーズって、最高においしいですよね。そんなさけるチーズですが、なんとおうちでも作れるのだそう。「東京聖栄大学」の井筒雅教授が発表する調理方法を紹介します。

用意する材料は、モッツアレラチーズ2個、塩、食塩水、水、氷。 

 

詳しく読む>>>

オイル漬けで一変!
「香るチーズ」がウマイ!

©iStock.com/Sokorevaphoto

「これはおいしい!」と思えるチーズは、やっぱりそこそこの値段がします。もうちょっと小ぶりのサイズがあってもいいのに、どういうわけか高級チーズって、それなりのサイズからしか売っていない。

で、結局は手頃なオードブルセットやバラエティセレクトものに手が伸びてしまう。

でも、こうしたお手頃チーズを手に入れたとき、それを立派なアペタイザーへと昇華させるテクニックがあるのです。

 

詳しく読む>>>

きっと、まだアナタが試した
ことのない「チーズの味わい」

「ファーマーチーズ」は、水分をほとんど絞り出したやわらかい生のチーズで、「味が強い」を表す意の「タンジー」な味わいを楽しめる一品。

待ち時間が長くて少々忍耐がいるけど、48時間も経てばクリーミーなミルク状からぎっしりとしたチーズに変身します。

密閉容器に詰めて冷蔵庫に入れておけば、一週間は保つこのホームメイドチーズは、ラザニアやチーズケーキ、ピロシキなんかにも使えるそうです。

 

詳しく読む>>>

Top image: © George Dolgikh/Shutterstock.com
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
5月3日、新たに公開されたレシピは、フロリダ州オーランドにある「エプコット」のカナダ・パビリオン内レストランの「チェダーチーズスープ」のレシピ。カナダでは...
低糖質・低脂質のダイエットチーズを自家製する方法教えます。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
今回ご紹介するチーズは、製造する際に人間の脇の下やおへそ、足の指から摂取したバクテリアを使っているんです。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
豆腐チーズ・豆腐クラッカー・揚げない春巻き・カリフラワー生地のピザ・糖質オフバーガー・おからのくるみパン
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
ゴルゴンゾーラにカマンベール、モッツアレラにラクレットまで! あらゆるチーズを堪能できる日本最大級のチーズの祭典「チーズEXPO」が「大阪万博公園」にて開催。
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
4月12日、「ディズニー」は公式サイトで「グリルドチーズサンドウィッチ」のレシピを公開した。米ディズニーの「ハリウッド・スタジオ」内の「トイ・ストーリーラ...
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!