ときめきたいなら、「チーズ効果」を味方につけよう。

学生時代、恋愛心理学の先生に「明日は今日より確実に老けている。彼氏ができないことを嘆きながら、酒を飲んでいる暇はない。」と言われたことがある。

教室にいた全員が胸を痛めたあの瞬間を、私は今も鮮明に覚えている。

恋愛は努力。そうなんですよね。それは確かなことだと思う。恋愛成就を祈るのは、今の自分を受け止めて、地道に試行錯誤を積み重ねてから。そんな当たり前すぎること、わかっとるわ!って。

恋はしたい、でも、まだ見ぬ恋のために、仕事をしながら頑張るほどの元気はない。そんな時に、さりげなく味方になってくれそうなのがチーズだ。

「ときめき促進」から、はじめよう。

過去にも、「チーズには麻薬のような効果がある」と記事にしたことがあるけれど、今回はカゼインではなく、チーズに多く含まれている『フェニルエチルアミン』について。

『フェニルエチルアミン』は、脳において神経修飾物質や神経伝達物質として機能しているもので、“恋愛ホルモン”という別名も持っている。天然の媚薬と呼ばれることも。

米国国立医学図書館(PMC)に掲載された、Prüß研究チームの論文によると、恋愛の症状であるドキドキ・ときめき・胸きゅん・幸福感などを生み出す物質だと言われている。恋をすると胸がいっぱいで、食事が喉を通らなかったり、肌がキレイになることにも影響しているのだとか。

まさか食べただけで、目の前の人に恋をしてしまうような効力とは言えないけれど、恋愛は『気持ち』から。

まったくピンク色に染まる兆しがなかった心に、「恋愛しますよ〜〜!やる気出せ〜〜!」と、体の中から喝を入れようじゃないか。トキメキやすい体質への一歩として。

ここから恋を始めるぞ!という時に、テンションを上げてくれる食べ物は大切だ。(ちなみに、チョコレートにも恋愛マジックパワーがあると言われている。)

「チーズ×恋愛」の、あれこれ。

チーズと恋愛に関する研究って、意外と世界中で行われています。ウソかホントか、チーズを食べる夫婦は長生きするとか、ずっとラブラブだとか。

日本でも、400人を対象に「チーズ×恋愛」の調査が行われていたようで、こんな結果が。

チーズをよく食べる人の方がパートナーに対してマンネリを感じ始めるタイミングが遅く、一緒に過ごす時間も長いというデータが得られました。

特に「カマンベールチーズが好きな人」に関しては、パートナーに対し「パートナーなしの生活は考えられない」という熱い思いを持ち、自身の生活の中で、恋愛を重要視していることが分かりました。

カマンベール好きは、愛情深いって(笑)。

あくまでそういう傾向がみられたってハナシだけれど、恋愛脳のスイッチを入れるキッカケに、“チーズ効果”を利用してみてもいいんじゃない?

もちろん、食べただけでは素敵な男性は現れない。外は寒いし、女友達とチーズフォンデュでもして温まったら、毛玉だらけのニットを脱いで、キューティクルを取り戻しに美容院を予約して、ちょっと背伸びしたBARに出かけよう。

Reference:NCBI, PRITIMES
他の記事を見る
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
ハンバーガーを頼む時はぜったいダブルチーズ。できればフライドポテトにものせたい。というか、とにかくなんでもいいからチーズが食べたい!と言うあなた。それは中...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
♨︎  ♨︎〈その6〉SHIGETAの「ルナバスソルト」を使ってみたよ♨︎ 心とカラダの味方メモ ♨︎「女の子だった頃」は、ウサギがいてお餅をついてるって...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
これぞ、完璧なまでのチーズバーガー。