チーズに含まれている「麻薬」のような成分とは

ハンバーガーを頼む時はぜったいダブルチーズ。できればフライドポテトにものせたい。というか、とにかくなんでもいいからチーズが食べたい!と言うあなた。それは中毒症状を引き起こしてる証拠。

…とは言い過ぎかもしれませんが、そう言ってもおかしくないような成分が含まれているようです。なんと、あの麻薬成分に似た効果があるのだとか。

チーズには
「モルヒネ」に似た成分が!?

Closeup on young woman eating camembert

Thrillistは、チーズに含まれている"カゼイン"というタンパク質について紹介しています。

チーズが消化される時、"カゼイン"を構成しているアミノ酸の連鎖が分解されていきます。が、全てがバラバラになるわけではありません。短くなって残ったアミノ酸の連なりは、やがてモルヒネに似た効果を生む"カソモルフィン"というペプチドに変化します。

この"カソモルフィン"は、脳のアヘン剤受容体に付着するため、モルヒネやヘロインと同じく幻覚を引き起こす原因にもなり"ハイ"になるのだとか。とはいえ、乳製品からカゼインだけを抽出したプロテインなどが一般的に販売されているため、危険なものではありません。

消化吸収が遅い特性がありタンパク質を長時間補給できるとあって、アスリートも御用達。パスタにチーズだけかけて食べる!なんて話もどこかで聞いたことがありますよね。

「美味しい」というより
「ムラムラする!」に近い?

iStock_000016648961_Medium

NCBIも脂質と塩分を兼ね揃えたチーズは脳にとってはご馳走だと説明しています。食べている時の感情は「めっちゃ美味しい!」というより「もうムラムラしてたまらん!」に近いのだそう。
脳にとってはこれ以上なくセクシーな食べ物と言えるのかもしれませんね。とはいえ、どんなものにしても食べ過ぎはやっぱり体に毒。たまにつまむぐらいが一番美味しくいただく秘訣なのではないでしょうか。すでに依存症だというあなたも、ほどほどにしておきましょう!

Reference by Thrillist,NCBI

andmore
他の記事を見る
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
「Sargento Foods」がシカゴのピザレストランと広告代理店とコラボして実現させた、新作チーズを美味しく食べてもらうためのキャンペーン。ピザの注文...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
今回ご紹介するチーズは、製造する際に人間の脇の下やおへそ、足の指から摂取したバクテリアを使っているんです。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。