世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。

チーズを使って彫刻を楽しんだり、ミニチュアのチーズを作る職人はいる。けれど、自身の作品は「チーズの肖像画」だと言い切り、2011年からひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にたったひとりだ。

この職業を名乗る人物とはまだ出会ったことがないと、Mike Geno本人も言うけれど、万が一他にも該当するアーティストがいたら、こっそり教えていただきたい。

D1b0adeb659316ae2330fbb2c4a1a5b53168036b

彼のすごいところは、ただチーズを描いて飾っているだけではなく、全米のご当地チーズを網羅するために、こんなマップをつくってしまったというところ。

0a9e7addc02e10dec0e437027693c8ddfe075170

画像はスクリーンショットなので、実際に触ってみたいひとはコチラから。

見ての通りこの全米地図から、気になる州をクリックしてみると、こんなチーズ一覧ページにジャンプする。試しに、「NY」をポチッ。

5e16e157b753801296fcc5bda007592c5c2703af

彼のイラストと一緒に、ファームの名前や製造者の名前だけでなく、作り方や味の特徴までびっしり。6年かけて、彼はひたすらにチーズについて調べあげ、チーズギークの心を掴み続けるアーティストとなった。

この地図を使ってファームを周りながら、アメリカ横断なんてしてみたときには、舌が肥えて普通のチーズでは満足できなくなりそう……。すでにとんでもない情報量だけれど、まだ完成はしてないのだとか。これからも日々のチーズとの出会いが、ここに増えていくだろう。

「飢え」からはじまった
フーディスト人生

それはまだMikeが大学院生の頃。友人とアトリエにいるときに、お金がなくてまともにご飯を食べれない日が続き、限界が来ていたのだろうか。「いますぐステーキが食べたい……」と力なく呟いたらしい。

それを聞いた友人は、後日彼を自宅へ招いた。「お金はないけれど」そのセリフと一緒に、目に飛び込んで来たのは、壁中に飾られた、油絵のステーキやドーナツ、寿司など彼の大好物だったというのだ。

85ee422bd29f3931c7c9374ed33369fb7f984772C13bc1e3a3f1a3ff95f4d16c9db58816cbe6542a378bcf61d60fb214f1559a7f0dcc67188f6cc1a6

駆け寄って、いますぐかぶりつきたい衝動に駆られたに違いない。嬉しい反面、それは拷問のようにも感じただろう。だからこそ、「いますぐこのご馳走を食べられる生活に変えたい」と、猛ダッシュで家に帰り、握ったのは油絵の筆。

極限まで空腹と戦っている人が描いた「食べたいもの」は、クラスメイトや先生を驚かせるクオリティだったらしい。その反応を見るや否や、ネットで3万円前後の値段をつけ売りに出し、見事に彼はご馳走を食べるだけの利益を渇望から生み出した。

「絶対にステーキを食べてやる!」と、心に決めてからそれが実現するまでは、ボタンを押すだけだったかのように容易で、あっという間だったと彼は笑う。

飢えから生まれた、食べ物だけを描く『Foodist』人生はこうして幕を開けたのだった。

Ddb05d3a0cdc0b39f00d749e40e347567a94b174

食べたいものを描いて売りに出し、願望を実現する日々。空腹から生まれる原動力で制作を続けていくなかで、彼は「チーズ」が最高のパートナーであることに気がついた。

いつでも食べたくて、かつ最も食欲をそそる絵が描ける。それに気づいてからは、もうよそ見ナシ。一心にチーズだけを選び続けて『Foodist』から『Cheesist』へ。

さすがに飽きてきたのでは…?と聞いてみたら、「このさき一生、手放すつもりはないよ」と大げさな愛を語られてしまった。

今日も筆を握る彼の手のひらは、チーズの匂いが染みついているに違いない。

90854266189139afd1795f381ae1e7e8e367d7af
Marin French Camembert
E643ab6687135b42359a450bccaff1e4b958cb14
sequat cheese
55b647e9e68bfd7a44a38d22dab3b04d940957e7
Epoisses Berthaut
7b8608c08683377ee95973458b4e6af5fae8c751
Challer hocker
3cf62ec7c04520c92d3f5ec80e5edf4bb52b5e9b
Licensed material used with permission by Mike Geno, (Instagram)
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
2014年にオープンしてから、ずっと変わらずに"月に1回しか営業しない"というスタイルばかり注目されている。なぜこのスタイルに行き着いたのか?チーズに込め...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
ハンバーガーを頼む時はぜったいダブルチーズ。できればフライドポテトにものせたい。というか、とにかくなんでもいいからチーズが食べたい!と言うあなた。それは中...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。高カロリーなイメージにあるチーズですが、ダイエット中にもたくさん食べたい! そんなチーズ好きな人にオススメの...
<フェニルエチルアミン>は、恋愛の症状であるドキドキ・ときめき・胸きゅん・幸福感などを生み出すものだと言われているから。恋をすると胸がいっぱいで、食事が喉...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
よく海外のお菓子などで、目がチカチカするような原色カラーの商品を見かけることがありますが、まさかのまさか、チーズをカラーリングしちゃったトーストショップが...
英サマセット州ヨービルで、毎年開催されるチーズの祭典「The Yeovil Show」。去る7月15日に開催されたコンテストにおいて、最もおいしいチェダー...