ハイ、チーズ。あっ(笑)|世界を旅するウェディング・シネマトグラファーの家族

家族で運営しているクリエイティブスタジオ「Studio 1208」は、3年間で19カ国以上をまたいで結婚式を撮影してきました。ニックは映像を録り、妻マリアは写真を担当。息子のジャクソンくんがときどき助手にーー。

家族でそれだけ世界中を回ったというだけでもビックリしますが、作品の仕上がりがイイ感じ!まずは彼らのPR動画から見てみて。

写っている人の楽しさが伝わってきますね。そのコンセプトについて、本人はこうコメント。

「ケーキカットの瞬間を捉えるだけじゃ十分じゃないんだ。どうしてもそのストーリーを伝えたい。その日のうちに忘れてしまうようなことがあるよね。だから、できる限りのことを打ち明けて欲しい。ぼく達はそれを最大限カタチにする。言葉にするのが難しいこともあるけれど、まあ動画で見てもらったような感じかな」。

実際に結婚式を撮影した動画がコレ。

式に参加している人々も良い表情。

写真を見ても、幸せな気持ちにさせられるものばかりです。

もともとミュージシャンだったニックと、ファッション・フォトグラファーだったマリアは、とあるツアーミュージシャンに話を聞いて、今のライフスタイルを実践し始めました。

結婚式のほか、広告の仕事を抱えながら移動を続け、2016年だけでもボラボラ島、ブラジル、イタリア、メキシコ、ギリシャ、アメリカに訪れたそう。新しい物事に触れられる旅行体験が、クリエイティブにとって良い刺激となっていると言います。夫婦でいろいろなことを乗り越えていけるので、貴重な体験になっている模様。

彼らに仕事を依頼したいなら、友だちを集めて一緒に飲んで、踊って、パーティーして、最後にバーでサシ飲みをすると、よりうまくいくとのこと。たしかに依頼人と仲良さそうにしている場面がチラホラ見えます。

ところで、ジャクソンくんの勉強は?

つい気になったので聞いてみました。すると、4歳までは一緒にいたものの、今はおじいちゃんおばあちゃんと一緒に住んでいて、学校に通っているそうです。

親と一緒にいれないなんてちょっと寂しいのでは?なんて思うかもしれませんが、むしろ学校は彼の大好きな場所だし、長期休業のときには家族で海外旅行に出かけちゃうんですって。行動力が並外れていて、パスポートのスタンプが誰よりも多いのが自慢だとか。そういう暮らしかたもあるんですね。

ちなみに、いまは新しいお子さんも妊娠中。いつかは日本に来たいとも語ってくれました。そのほかの作品やブログを読みたい人は、コチラからチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Studio 1208
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
比較的穏やかな印象が特徴としてある「augment5 Inc.」の映像は、どれも日本の魅力を海外に向けて発信する目的がある。じっと見ているだけで心地良く、...
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
7年の時をともに過ごして、ついに結婚となった男女。だがその幸せは交通事故により終わりを告げる。結婚式が挙げられるたった4カ月前のこと。悲しみをうけとめ乗り...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...