「忘れ去られた廃墟」を求めて旅する写真家

クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそうです。

本格的に写真にこだわり始めたのは、2011年の終わりごろから。もう誰も立ち入らなくなった廃墟を巡ると、とても美しい建築やインテリアに出会うことがあるのだとか。

「場所は秘密です」。

01.

A7c4a6ffc9d5ae4cfbe09b461bac2ef5898d3ce5

02.

E6dbada4562e22ba305b9a17f8ee53eca2a47122

03.

Ef90c593309fb5df54e6cb69a3745ad2d680f5af

04.

E3bf7aa4910e33462bb8aeacb23be117a2d8a082

05.

57cf9e94749c6d436a9141349bf664d13d2f4a9a

06.

61d5aef4da1a6e5c8d79b4f3fe11519131c9b09c

07.

640d059613d3a7c40c6493047e481fcf7dbdd91b

08.

D1f4ed77e9725c580efb695ea03befcc9f704401

09.

064bd68ed60640ed544776073f0b910b484fd4c9

10.

57c62b60d2487392c6d7f1e861e4089d1467b944

11.

6bc4c20b1fe05dadf24020f9d24b1b349e433b90

12.

D577fc91c95fd87977643fa59a5db8ef1334dc7e

13.

6a4f12d30a8fc3f89480d4ab471f57030935daf4

14.

477d88bed755c63223c3e7a1df199efe9302c1cc

15.

8365c75a54547f93208880bfbcf842fc23218a02

16.

3c097f4103877287497741d708bdcb65e1a938d7

17.

F454c5b217e2792f8c80ff3ecd1fb99c8f17fbc8

18.

52ab608e91ed9686162826295289eeec57e33e14

19.

F2a7edbf79035674f97482a79c454084e20cb929

20.

10864eabef8345de9f1712527e995d60c06dc458

21.

2fe244453cb1bc9586ffa3e928561345f909b92a

22.

62f3fa109c9c6a06c726d23d2ddeb98dd751fd0b

23.

D2d7d982b621e205e3cc00cf9d5769867d0b4c07

24.

4e91b8218d2ffe3db9ad67f02ff621e3cb6b7c92

25.

D69f961714c41ac9cfb5737699e3aa29d3cd2f3b

26.

D97f25b05f15504d1e5f7858697ca4e5014934b2

27.

16598b627e9ebd791d7cde8e00ad8f74627fc4ed

28.

F4139bca5283ba1e635ddd58984b17bf01f53569

29.

7c0c3124d43caca9c53a995131c4c426d13ee4d2

30.

11f88dc5a110fab8fd8b1beaf0b5199c89fd81a1

31.

3c302c15c305b15fa872f051b8ed7ef54912a247

「シンプルに、老朽化している建物に魅力を感じます。その模様や質感を目の当たりにするたび、これが永遠にあるものではないのだと気付かされます。どこで撮影したかは、場を守るために明かしていません。廃墟の写真プロジェクトは、ここ7〜8年でドイツ、フランス、ベルギー、イタリア、ポーランドと模索を続け、1,000件以上を訪れました。いまも古い建物を探すためにヨーロッパを旅し続けています」。

雨風による経年変化もありますが、当時の空気がそのまま流れているように感じるミステリアスな雰囲気が醍醐味だとか。なかには15年以上誰も足を踏み入れていないであろう場所も。そのほかの作品は、以下のリンクから確認できます。

richterchristian.com
Facebook
Instagram

Licensed material used with permission by christian richter
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
メルボルンにある廃墟。取り壊される前に、壁に女性の悲しげな顔を描いたメルボルンのアーティスト。すべてのものには“寿命”があり美しさは永遠ではないということ...
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...