ささやく声が聞こえてくる「忘れないで…」

荒涼とした土地にひっそり建つ白い家。

伸び放題の雑草を見るに、おそらくもう永いこと誰も寄りついていないのだろう。人気のない寒々しさだけが漂っている。

E51e3d86795fc9f0a649672eb6500f412af41463

恐る恐る中へ。

壁は剥がれ落ち、床板は朽ちていた…。もう戻ってはこない家主が、写真フレームの中から笑いかけてくる。

E404830eaf822aa7ccb0870c75ddfcc128c8157d

棚や台所には、まだ本や鍋が置いたままだというのに、床には破片が散乱。置き去りにされた“生活感”だけがそこにある。

2039f24a829a3ffca84a3c8deed4e5390e9dc7b6

誰かに見られている気がする…その刹那、現れたのは少女の横顔。悲鳴をぐっと飲み込んで、彼女の視線の先を追ってみると…。

E097ad6873a96ce2a2ef1f9810aa1cef8ab076c2D56f495eb3665d5db3c24f25e7d83c23e943aec84b7555f29ef7daa11d0763ce7966e68ae4f63ec77d34282ca42d66c02c2e54386f23fb7cd8dd564dC57ac69c2abe00ee663ed8dab5d6f49e6eb5c8c1F363ecdfbdffa5e24d17a77d9c1ab655e9ce10ca

彼女たちは、取り壊される運命にある廃墟の最後に花を添えるべく、メルボルンのストリートアーティストが施したもの。アートか、落書きか、どちらにしたって、誰の目に触れることなく葬り去られていただろう。

けれど、こうして多くの人に最後を知る機会を与えられたとすれば、この家も寿命をまっとうしたと、思えるかもしれない。

それにしても、彼女たちの虚ろな表情を見ていると「私を忘れないでいてね…」なんて声が聞こえてきそうでゾクッ。

Licensed material used with permission by Rone, (Instagram)
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
世界各国の空港の中でもテンション上がるのがここ! KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。まず向かうべきは『Heineken bar(...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
土から芽を出して、ぐんぐんと天に向かって伸びていく植物。地に根を下ろして、静かに育ち続けます。この写真は、木が生い茂る自然の中で、目を閉じている時の感覚に...
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
『シンデレラ』や『白雪姫』などの原作を読むと、残酷さを感じる闇な一面にびっくりしたことがある。こんな、ダークメルヘン好きに人に紹介したいのが、Brooke...
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。