ささやく声が聞こえてくる「忘れないで…」

荒涼とした土地にひっそり建つ白い家。

伸び放題の雑草を見るに、おそらくもう永いこと誰も寄りついていないのだろう。人気のない寒々しさだけが漂っている。

恐る恐る中へ。

壁は剥がれ落ち、床板は朽ちていた…。もう戻ってはこない家主が、写真フレームの中から笑いかけてくる。

棚や台所には、まだ本や鍋が置いたままだというのに、床には破片が散乱。置き去りにされた“生活感”だけがそこにある。

誰かに見られている気がする…その刹那、現れたのは少女の横顔。悲鳴をぐっと飲み込んで、彼女の視線の先を追ってみると…。

彼女たちは、取り壊される運命にある廃墟の最後に花を添えるべく、メルボルンのストリートアーティストが施したもの。アートか、落書きか、どちらにしたって、誰の目に触れることなく葬り去られていただろう。

けれど、こうして多くの人に最後を知る機会を与えられたとすれば、この家も寿命をまっとうしたと、思えるかもしれない。

それにしても、彼女たちの虚ろな表情を見ていると「私を忘れないでいてね…」なんて声が聞こえてきそうでゾクッ。

Licensed material used with permission by Rone, (Instagram)
andmore
他の記事を見る
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
「ハロー ミレニアルズ」#11 - Melbourne
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...