2人の写真家がコラボレート。「水上アートプロジェクト」

Claudius SchulzeとMaciej Markowicz。2人のフォトグラファーが始めたのは、2BOATSというプロジェクト。

2台のボートで、数ヶ月に渡り、ドイツのハンブルグからオランダのアムステルダムまで旅をする。その間、2台のボートはアーティストたちのスタジオ代わりとなり、写真に関しての様々なワークショップやディスカッションが行われるようだ。

水上の移動型スタジオ

2人の旅の行程は、@claudiusschulze@obscurabusnのそれぞれのInstagramで随時アップされている。また、6月7日にオープンするHamburg Triennale of Photographyに向けて2人は旅を終了する予定らしい。

尚、このプロジェクトはドイツ外務省から資金提供を受けているものなんだとか。アートには、常に新しい視点が大切だけど、毎日違う景色が流れるこんな環境ならインスピレーションも湧きまくりかもしれないな。

Licensed material used with permission by Kevin McElvaney
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...