2人の写真家がコラボレート。「水上アートプロジェクト」

Claudius SchulzeとMaciej Markowicz。2人のフォトグラファーが始めたのは、2BOATSというプロジェクト。

2台のボートで、数ヶ月に渡り、ドイツのハンブルグからオランダのアムステルダムまで旅をする。その間、2台のボートはアーティストたちのスタジオ代わりとなり、写真に関しての様々なワークショップやディスカッションが行われるようだ。

水上の移動型スタジオ

4628479626706944515715681484800051125092876288004576653598523392

2人の旅の行程は、@claudiusschulze@obscurabusnのそれぞれのインスタグラムで随時アップされている。また、6月7日にオープンするHamburg Triennale of Photographyに向けて2人は旅を終了する予定らしい。

尚、このプロジェクトはドイツ外務省から資金提供を受けているものなんだとか。アートには、常に新しい視点が大切だけど、毎日違う景色が流れるこんな環境ならインスピレーションも湧きまくりかもしれないな。

Licensed material used with permission by Kevin McElvaney
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
結局のところ、誰かに解釈を求めたところでファインアートのなんたるかが分かるとも思えない。そういう多くの人たちのために、このアーティストデュオが取り組むプロ...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。