「バースマーク」を持つ人を撮り続けるフォトグラファーが伝えたかったこと

「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩み苦しむ人も多いのです。

デンマークの首都、コペンハーゲンを拠点に活動する写真家Linda Hansenさんは、3年をかけてバースマークを持つ人々のポートレートを撮影しています。この作品に込めたメッセージとは?

メディアで見る「理想」なんて
重要ではない

「私はいつも、不完全なもの、そしてその美しさに魅せられてきました。私たちは、メディアを通じて伝わってくる“理想像”の影響を大きく受けていると思っています。でも、そんなものは重要ではありません。メディアによって押し付けられる理想に抗い、誰もが持っている不完全さこそを、賞賛していかなければならないのです」

「写真の瞳もまた
あなたを見つめ返すのです」

「人は、簡単に外見から中身までを判断してしまうもの。でもバースマークは、その人の内面とは何の関係もありません。写真を見て、バースマークではなく、彼ら自身に目を向けるまで、一体どれくらいの時間がかかりましたか?

写真の中の瞳もまた、そんなあなたを見つめ返しているのです」

多くのモデルが撮影に対してポジティブだったそうですが、それでも自分のアザと向き合うには、困難が多いもの。

不完全こそが「人」。お互いの違いこそが「魅力」。

それが、撮影を続けたLinda Hansenさんが伝えたかったメッセージなのでしょう。

Licensed material used with permission by Linda Hansen
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
フォトグラファーのNoroc Mihaelaさんは、世界中の女性のポートレート写真を撮り続けている。黒やこげ茶色をした艶のある髪の毛やまっすぐな瞳をアイデ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...