「バースマーク」を持つ人を撮り続けるフォトグラファーが伝えたかったこと

「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩み苦しむ人も多いのです。

デンマークの首都、コペンハーゲンを拠点に活動する写真家Linda Hansenさんは、3年をかけてバースマークを持つ人々のポートレートを撮影しています。この作品に込めたメッセージとは?

4198bc1fa14338fa42e9c98c1a4e23ba053d7ab0

メディアで見る「理想」なんて
重要ではない

「私はいつも、不完全なもの、そしてその美しさに魅せられてきました。私たちは、メディアを通じて伝わってくる“理想像”の影響を大きく受けていると思っています。でも、そんなものは重要ではありません。メディアによって押し付けられる理想に抗い、誰もが持っている不完全さこそを、賞賛していかなければならないのです」

B653e18ffe41659df68ff993a9b87c28ae28242310e618185dc0e80627fe7cf412a46f90572cf12eF5226ce51e1c6434f0876a65a48d38b126dbc2109980e1f68571d60ad96f325ef8b79a9920dbad41B7699e5142fa7b055c96fe6f446d0f970c1bf7282e66048fa7d384c51f3aa297cab59ad4a9eda4dc374253c8257177ce2b225d8312e59bc1fbc4832423681c02e8562d8fc2c6952c4dd110541513059dEf3b9fd43fc52fb4ad26adee3daab7dc6e7cfc1dCb52bd9e216e9a3ac0bfbe5acf1c5c71f3ad6d936b7f7e51cd63707e8f73e12ee465b625f4422a8bAdc05d406cd738ba203f36e2d1b4532810d8698b

「写真の瞳もまた
あなたを見つめ返すのです」

「人は、簡単に外見から中身までを判断してしまうもの。でもバースマークは、その人の内面とは何の関係もありません。写真を見て、バースマークではなく、彼ら自身に目を向けるまで、一体どれくらいの時間がかかりましたか?

写真の中の瞳もまた、そんなあなたを見つめ返しているのです」

多くのモデルが撮影に対してポジティブだったそうですが、それでも自分のアザと向き合うには、困難が多いもの。

不完全こそが「人」。お互いの違いこそが「魅力」。

それが、撮影を続けたLinda Hansenさんが伝えたかったメッセージなのでしょう。

Licensed material used with permission by Linda Hansen
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...