この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。

日本の文化が大好きというフォトグラファーのDavide Sassoさん。とくに、「宮崎駿監督のジブリのアニメーションが大好き」だといいます。

そんな彼を、私は、「アニメが好きだから日本も好き!」という他の外国人たちと重ねてしまい、初めは特別な印象を持つことはありませんでした。

けれど、彼がジブリのアニメを好きな理由を聞いて、その思いは変化していったのです。

「彼(宮崎駿監督)の作品には、ファンダジーの要素が多いけれど、舞台は現実の世界にあります。僕が、自分の作品を通してトライしようとしていることは、まさにそれです。現実の世界を、まるで非現実的な世界のように見せることなんです」

実際に、彼の作品を見てみると、「ココは一体どこ?」となんだか不思議な気持ちになります。写真一枚で魅せる独特な世界に、思わず引き込まれてしまいそうです──。

ちょっとだけ、覗いてみよう。

どうですか?

私はというと、「地球上のどこに、こんな景色があるんだろう?」と、思いふけてしまいました。

Davideさんによると、ここで紹介した写真はすべてイタリアで撮影したものだということです。彼がつくりあげた世界観に、見事どっぷりハマったのでした。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by Davide Sasso
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...