この写真を見たら、当たり前の事が愛おしく思えるかもしれない。

絶景を見に旅へでたけれど…

どこを見渡してもモノクロだった。空も海も、人々が持つ光さえも。SNSで追い求めるような鮮やかな色は、存在しない世界だった。

写真を撮ったJason Petersonさんの作品を見続けていたら、「いつも自分がいた世界へ戻りたい」と、心の中でつぶやいてしまった。

毎日あたり前のように私たちを照らしている太陽の光さえ、モノクロの世界だとこんなにも無機質なのだと気づいた。明日目が覚めたら、当たり前すぎてこれまで目を向けてこなかったものを、もっと大事にしていこうと思った。

25年ものあいだ、世界観を統一して撮影をつづけているというJasonさんのInstagramには、100万人以上のフォロワーがいる。彼の作品を深掘りしたい人は、こちらから。

Licensed material used with permission by @jasonmpeterson
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...