ロバート・ダウニー・Jrもシェアした、日本人写真家の「アクションフィギュア」

夢中になってフィギュアで遊んでいた子ども時代を思い出させてくれる、そんな日本人フォトグラファーがいます。大阪で活動している「ホットケノービ」さん。

彼の写真は、フィギュア同士をただ戦わせるのではなく、各キャラクターの個性を活かした構図やアイデアが満載で、深いキャラクター愛を感じさせてくれます。たとえば、飛び散る水しぶきまでとってもリアル!

01.

「アクションフィギュア」スーパーマン バッドマン

02.

「アクションフィギュア」マーベル

03.

「アクションフィギュア」ハルク

04.

「アクションフィギュア」スパイダーマン

05.

「アクションフィギュア」アイアンマン キャプテンアメリカ ピカチュウ

06.

「アクションフィギュア」デットプール スパイダーマン

07.

「アクションフィギュア」アイアンマン キャンプテンアメリカ

08.

「アクションフィギュア」ダースベーダー

09.

「アクションフィギュア」アイアンマン キャンプテンアメリカ

10.

「アクションフィギュア」スパイダーマン ウルヴァリン

11.

「アクションフィギュア」マーベル

12.

「アクションフィギュア」ブラックパンサー

映画でアイアンマンを演じた、ロバート・ダウニー・Jr本人がFacebookでシェアしたことで、海外でも反響を呼びました。

ホットケノービさんのInstagramフォロワーも、なんと8万人超え。他にも臨場感ほとばしる作品がたくさん見れますよ。

Licensed material used with permission by ホットケノービ, (Instagram), (Twitter)
おじゃましまーす!と、言いたくなるほど生活感あふれるミニチュアハウス。誰かが住んでるんじゃないかって思うくらい、住人の個性が出ている。Hank Cheng...
『スパイダーマン』『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』…。いくつになっても気になってしまう、マーベル映画。そんな、いつ何時でもワクワク心をくすぐってくれ...
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界感を直接体感できるイベント「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」が、2021年も日本各地で開催される。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
まるでルービックキューブのような形をした新しいキューブ型デバイス「WOWCube」が発表され、ありそうでなかったこの革新的なデバイスに大きな注目が集まって...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
応援購入サービス「Makuake」に、8in1の多機能シャベル「wild 8」が登場。アウトドアユースや防災用にひとつもっておいて損ナシの一品。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
サブスクリプションサービス「マーベルアンリミテッド」が、一部作品を5月4日まで無料公開する。『アベンジャーズ』『スパイダーマン』『キャプテン・アメリカ』も...
他人から見たらガラクタのように思えるものでも、そばに置いておくだけで穏やかなキモチになれる。そこに意味なんが求めてなくてね。そういった、おもちゃともツール...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
あくまでシャレとして楽しめること前提だけど、このウィットの効き方は嫉妬レベル。だってまさか、あのキリスト降誕のシーンがこんなことになるなんて!?キリスト降...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。