もしもキリスト降誕が2016年だったなら…を再現したフィギュア

あくまでシャレとして楽しめること前提だけど、このウィットの効き方は嫉妬レベル。だってまさか、あのキリスト降誕のシーンがこんなことになるなんて!?

喜びを“自撮り”で表現してみた

キリスト降誕のエピソードは諸説あれど、馬小屋で家畜や羊飼いに囲まれて生まれた、という話を耳にした人は多いはず。そのワンシーンを2016年現在になぞらえてみたのが、このフィギュアだ。

飼い葉桶(のような雰囲気のもの)に寝かされたキリストを、セルフィーするヨセフ。ダンガリーシャツにチノパンのラフなスタイル。アヒル口でピースサインをつくる聖母マリアの手にはスタバのカップって。

イマドキすぎる
東方の三賢人

降誕を祝福して集まってきた三賢人もご覧の通り。なぜかセグウェイ。持参した乳香と金と没薬は…たぶんAmazonプライムのギフトボックスの中なんだろうな。

モバイルネイティブな羊飼いと
オーガニックな動物たち

救い主の降誕を告げたはずの羊飼いだけど、イヤホンをしてスマホゲームに夢中?その横でちょこんと羊はクリスマス柄のセーターを着せられて。

こちらは、グルテンフリーの餌をほおばる100%オーガニック牛

さて、このキリスト降誕“2016バージョン”のフィギュアセット(Hipstar Nativity Set)、実際に買うこともできる。どのくらい人気があったのか定かでないが、すでに1,000セットを切っているらしい。129.99ドル(約14,700円)に送料がプラス。

この遊び心がわかる人はこちらから。今ならまだ、クリスマスの飾りつけに間に合うかもしれない。

Licensed material used with permission by Maggie Habib
他の記事を見る
おじゃましまーす!と、言いたくなるほど生活感あふれるミニチュアハウス。誰かが住んでるんじゃないかって思うくらい、住人の個性が出ている。Hank Cheng...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
夢中になってフィギュアで遊んでいた子ども時代を思い出させてくれる、そんな日本人フォトグラファーがいます。大阪で活動している「ホットケノービ」さん。彼の写真...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
他人から見たらガラクタのように思えるものでも、そばに置いておくだけで穏やかなキモチになれる。そこに意味なんが求めてなくてね。そういった、おもちゃともツール...
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
2015年も残りあとわずか。そろそろ意識が新年に向き始めている人も多いのではないでしょうか。そこで「Higher Perspective」に掲載されている...
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
ここで紹介するのは「Inc.com」に掲載されている「2016年を素晴らしい一年にするための、たった1つの言葉」という記事。どうやら、あるキーワードに焦点...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
このテスト、ネイティブスピーカーでさえ全正解率は5%という難関らしい。でも、日本人って、意外と文法には強かったりするもの。なので、全16問に挑戦してはどう...
信じる宗教によって、考え方や行動は異なるものです。その差を否定的に捉えることなく、付き合っていくのは難しいことかもしれません。ここで紹介するのは、「違う2...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...