【旧約聖書】禁断の果実、リンゴじゃないかも?【研究結果】

『旧約聖書』に書かれた「創世記」の舞台「エデンの園」で、神様から、とある1種類の木の実以外のすべてを食べることを許されていた、アダムとイブ。

その1種類とは、園の中央に生える「善悪を知る木(知恵の木)」の実。

ある日、ヘビにそそのかされてイブがそれを食べ、アダムにも分け与えた結果、園から追放されてしまった。強く禁止されていた約束を破らせるほどの魅力を持つことから、この実は「禁断の果実」 として知られている。

さてその正体は、いったい何の実なのだろうか?

「バル=イラン大学」のRabbi Ari Zivotofsky教授、「ウプサラ大学」のRobert Appelbaum教授の研究によると、有力な説はふたつ。リンゴか、リンゴ以外か、である。

西洋の芸術や文学、大衆文化では“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、旧約聖書にはただ「果実(木の実)」としか書かれておらず、リンゴを示す言葉は一度も用いられていないとのこと。

にもかかわらず、リンゴが有力候補となったきっかけのひとつは、ヘブライ語からラテン語への翻訳における“ダジャレ”だというのだ。

西暦382年のローマで、ジェロームという学者が、ヘブライ語の“peri”をラテン語の“malum”に翻訳。

英語では“apple”と訳されるこの言葉は、果物の総称を示す一方で、という意味も持っていたことから、人間の最初の“過ち”を生んだ“果物”としてリンゴを選んだと考えられている。

「エデンの園」をテーマにした絵画には、そのほかにもイチジクシトロンアプリコットザクロバナナなどが描かれてきた。

とくにイチジクは、羞恥心をおぼえたアダムとイブが、体を隠すために手に取ったのがイチジクの葉だったことから有力とされているが、研究にはいまだ疑問の余地が残るとのことだ。

the tree was good for eating and a delight to the eyes, and that the tree was desirable as a source of wisdom,(Genesis 3:6)

その木(の実)は食べるのに適していて、目にも鮮やかで、知恵の源として好ましいように見えた(創世記 3:6)

園の中央に生えていて、しかもおいしそうな見た目の果実。

思わず禁忌を侵してしまうほどに魅力的なその正体は、まさに神のみぞ知る真相だろう。

Top image: © Fine Art Images/Heritage Images via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
世界でもっとも売れた本、聖書。文字通り世界中で読まれ続けている聖書だが、そんな聖書に載っている単語をアルファベット順に並べ直し、定量的に分析するというプロ...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
旧約聖書にも登場した角笛のようなカタチ。これに意味があるんです。
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
「シカゴ大学」「ペンシルベニア大学」「オーフス大学」の研究者らが発表した論文によると、終末を描いた映画作品を好む人は、コロナ禍の状況にも高い“耐性”をもっ...
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
「東京大学大学院総合文化研究科」と「日本能率協会マネジメントセンター」、「NTTデータ経営研究所」による共同研究によって明かされたのは、書き留める"メディ...
イスラエルを拠点にする飲料ベンチャー「O.Vine」が調査企業「OnePoll」と共同でおこなったという調査結果を発表。調査では、アメリカ人2000人に水...
正月太りを解消してくれそうなヒントが、カナダの複数の大学研究員による共同研究に隠されていた。
「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
「オランダ神経科学研究所」の2007年に発表された研究結果によると、靴下を履いて寝る方が眠りに落ちるのが早いのだとか!そのワケは?