「痩せたければ、まず寝なさい」という研究結果

アウターでたるんだ贅肉を隠せない冬に比べ、「ダイエット」の文字が脳裏に浮かぶ夏。痩せるためのハウツーを紹介する記事は多く目にするものの、仕事をしていると「忙しい」「疲れた」を言い訳になかなか手が出せなかったり。

そこで朗報。

実は、睡眠に頼ればウエスト周りが細くなるという研究結果が出たのです。

睡眠時間が短いとメタボに?

C03df6f764cd87bf7608b8331609b99ef4a8b957

「睡眠時間が短いと、肥満や代謝性疾患にかかりやすい」

イギリスのリーズ大学から出た研究結果。これだけだと今までにも聞いたことがあるような気がします。が、注目したいのはこちら。

■一晩で6時間しか睡眠をとらない成人は9時間睡眠の人に比べ、約3cmウエスト周りが大きい。

■睡眠が1時間増えるごとに0.9cmウエスト周りが細くなり、肥満度を示すBMIの値は0.46低くなった。

研究は19〜65歳の男女1,615人を対象にして行われ、3〜4日間の睡眠時間と食事内容をそれぞれ調べていったもの。

この結果を鵜呑みにするわけではないけれど、今まで睡眠時間を削って仕事をしたり遊びに行っていた自分を少し責めてしまいました。できればもっと早く知りたかった、なんて。

現代社会の忙しさを
反映している?

D3f78bb2f8c6f292d7fd43fc899f389c6ce18928

テクノロジーの発達で世の中が便利になった分、オフィスを離れても電話がかかってきたりメールをチェックしてしまったりと、休みづらい環境になっているのは確か。

世界保健機関(WHO)によると、1980〜2014年の間に世界全体で肥満の人は2倍以上になったということです。働き詰めの現代社会に生きる私たちにとっては無視できない数字だと思います。そうそう、インターネットが企業に導入されはじめたのも1980年代ですよね。

忙しい中でもできるダイエット方法を調べて睡眠時間を削ってしまうより、1時間でも早く寝たほうが目指している体型に近づけるかもしれません。

オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
幼少期に十分な睡眠をとらないでいると、肥満のリスクが高まるという研究結果は、以前から問題視されてきたこと。けれど夜更かしを自業自得、とただ本人のせいにして...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
人間ってすごい!なんと初めての場所で眠る際、脳の半分くらいは防犯のために起きたままでいるんだそうな。「Current Biology」にブラウン大学による...
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
筋肉をビルドアップするとき、その重さや回数はあまり重要ではないかもしれませんーー。「QUARTZ」の記事にそうまとめたのは、ヘルス&サイエンスレポーターの...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
ポルトガルのある研究によれば、女性の背中の反りが大きいほど、男性は魅力的に感じるそうです。つまり、猫背を改善できれば、男性からの好感度も上がるのでは?
ある研究によれば、早起きができるかどうかは遺伝子によって決められているのだとか。この結果を「Elite Daily」が詳しく紹介しています。
ブランドの好感度には「ラベルに人の姿が描かれていること」が重要なポイントであるわかった。研究者はまた、個人的なワインの好みを調査を行いました。その結果も、...
「幸せ」という概念は、どこか抽象度の高いもの。だからこそ、あなたの中でも、「何をすればハッピーになれるか」は漠然としているのではないでしょうか。そこで「I...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...