旅先でよく眠れない理由は、脳が「サバイバルモード」に切り替わるから!(米・大学)

人間ってすごい!なんと初めての場所で眠る際、脳の半分くらいは防犯のために起きたままでいるんだそうな。「Current Biology」にブラウン大学による研究結果が発表されました。

脳の半分が、
寝ずにパトロール!?

「第一夜効果」と呼ばれるメカニズムを研究していた同大学の研究者は、初めて眠る場所で、人間の脳が半分ほど活発に機能していることを発見。「The Atlantic」によれば、研究室に人を呼び、脳波計を装着しながら眠ってもらったそうです。

睡眠中の脳の半球は、完全に覚醒はしていないものの、片側よりも活発に機能していました。聞き慣れない異音に対しては、どういうわけか左脳が反応していました。

これは、クジラやイルカなどの海に生息する哺乳類や鳥にも見られる機能と似ており、同じ機能を人間が有している可能性があるのだとか。たとえばイルカは、半分寝て半分起きている姿が水族館などでも見られます。器用なテクニックですよね。

ぐっすり眠る方法が
開発されるかも?

Popular Science」は研究者のコメントを紹介しています。将来的にこのメカニズムを解析することで、仕事で多くの場所を訪れる人でも、旅先でぐっすり眠れるよう、脳機能をオフにする方法がわかるかもしれないとのこと。人間の脳はフレキシブルなので不可能ではないだろうと言われているようです。

関連する記事

CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
3月25日に、生物・物理・地球科学の研究を学際的に掲載する『iSicence』にてブラジルの「リオグランデドノルテ連邦大学」に所属する脳科学者たちが「タコ...
イギリス「ブルネル大学」で心理学講師を務めるレイ・ノーベリー博士は、3730人の被験者を「朝型」と「夜型」に分けて、「UKバイオバンク」から得た脳のスキャ...
「海岸侵食」が襲うワイキキビーチ。観光客が戻ってくるその日まで、懸命な砂の運搬作業に追われる市当局。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
「オーストラリア連邦政府」が、プラスチックによる環境汚染への対応をさらに一歩進める、「国家プラスチック戦略(National Plastics Plan)...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者・西野精治が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」が先週8日(金)より販売開始。
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
スマートフォンやパソコンなどでラジオが聴ける無料のサービス「radiko」は、脳科学者・加藤俊徳医師監修のもと、大学生8名を対象に「ラジオを聴き続けると脳...
世界でもっとも権威のある英国の教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション』と2016年に業務提携をしたベネッセグループが「THE世界大学ランキング日...
アメリカの研究によれば、白昼夢を見る人は、高い知性と創造性を兼ね備えている可能性があるそうです。具体例を用いながら、この研究結果を解説します。
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...