米大学による研究——カフェインは「問題解決能力」を大幅に上げる?

米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表した。

88人の被験者に対しておこなわれた実験を通して得られたのは、カフェインは問題解決能力を大幅に向上させるが、新しいアイデアを考える能力にはまったく影響しないというものらしい。

その実験の内容は、被験者に対し200mgのカフェインピルを投与し、そのあとに72に及ぶ問題解決の質問と、3つの自由回答問題を出題するというもの。結果、前者の回答にはカフェインの有無によって大きな差がみられたという。

研究者によると、思考タスクには問題の解決策を考え出す「収束的思考」斬新な意見を幅広く出す「発散的思考」の2種類があり、カフェインは「収束的思考」に大きく作用すると考えられるようだ。

ほかにも、カフェインには気分を高める効果があることも示されているなど、仕事や勉強に向いているのは間違いないという。

また、「発散的思考」の能力を上げたい場合は、散歩や仮眠が効果的であるらしい。つまり、お昼休みにコーヒーを片手に散歩することは、午後の仕事の生産性向上に大きくつながる有効な手段といえるのかもしれない。

Top image: © iStock.com/nrqemi
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ストーリーライン」より、「カフェインリセット」や「カフェインコントロール」に励む方に向けた、デカフェ(ノンカフェインコーヒー)のサブスクリプションサービ...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...