「カフェインと適度に付き合う」ための「サブスクサービス」

コーヒーのスタートアップ「ストーリーライン」より、適度にカフェインと付き合うための、新たなサブスクリプションサービスがリリースされた。

カフェインを含むコーヒーには、多くのメリットが存在する一方、頭痛倦怠感集中力の低下などの離脱症状も報告されており、近年では、一旦カフェインを絶ってみる「カフェインリセット」や、カフェインの量を控える「カフェインコントロール」を試す人も少なくない。

そこで開始されたのが今回のサービス。

貴重なスペシャルティコーヒーを使い、安全で味を損なわない超臨界CO2抽出法によって生み出された、こだわりのデカフェ(ノンカフェインコーヒー)「Decaf & Co.」をユーザーのニーズに合わせてお届け。

「Decaf & co.」のビジュアルイメージ
©ストーリーライン

デカフェ、スペシャリティコーヒー(レギュラー)、ハーフ&ハーフの3種類をセットにし、ゆっくりと段階的にカフェインを減らしていくための「カフェインコントロール定期便」と、3種類のデカフェをセットにし、カフェインリセットに励むための「デカフェ定期便」の2種類を用意。

カフェインのコントロールガイドが同梱されるほか、季節や好みに合わせて内容にも変化をつけながら配達されるため、飽きることなくカフェインのコントロールに励めそうだ。

なお「Decaf & Co.」では、季節やイベントに合わせて、シーズナル展開やギフト商品の販売も予定。

ほどよくカフェインを楽しむための新しい選択肢。気になる方は公式ホームページをチェック。

「Decaf & co.」のサブスクサービス イメージ
©ストーリーライン
Top image: © ストーリーライン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
画期的なリユーザブルボトル「Origami Bottle」が登場した。ボトル形状では高さ21cmの大容量ながら折りたたむと5.5cmの超コンパクトサイズに!
「ペプシカフェ」は、コーヒーとコーラをブレンドした缶飲料。カフェインの量は、通常のペプシの2倍も含まれ、味はオリジナルとバニラの2種類が用意されている。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ランチ、フィットネス、焼きたてパン、ブランド家具に航空券のサブスクリプションまで!毎日の生活が、ちょっと「幸せ」に、かなり「おトク」になるサブスクサービス...
「Teva」がインスタントカメラブランド「Polaroid」と初のコラボ。今月6日(木)からTeva公式オンラインストアで2つのモデルを発売している。
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
「ネスカフェ 睡眠カフェ」の新コースでは、コーヒーを飲んだ後、入眠前には徐々に暗くなる森林の映像、起床時には青白い月明かりの映像がスクリーンから流れるとと...
昨年末、クラウドファンディングで注目を集めた新感覚のドリンク「玄米デカフェ」が、いよいよ一般販売スタート。山形県庄内町にある「アトリエ玄米デカフェ」が、歴...
これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな...
眠気覚ましに飲むものといえばコーヒーです。が、さらにスカッと眠気を吹き飛ばしてくれる飲みものがあるそうな。なんと、エスプレッソをコーラにブレンドしちゃうの...
毎朝、急須で緑茶を淹れるのが日課です。起き抜けのコーヒーはちょっと刺激が強い気がするけど、緑茶はすするだけでほっとして、体に染み渡っていく感じがするから好...
「ニコチン・砂糖・カロリーなし」。一息入れるならコレ、と言わんばかりの謳い文句。味わう楽しみを除けば、たしかにシャキッとするための道具としてタバコもコーヒ...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
健康情報サイト「STETHNEWS」に「コーヒーがあなたを幸せにする」と取り上げられたのが今年4月。2013年の研究で、調査にあたったのは、あのハーバード...
出勤前や昼食後、さらには仕事の休憩時に、バーで同僚と軽く一杯。もしこれがお酒だとしたら、当然ながら社会的にNG。というより、そんな時間帯にはオープンしてい...
米「コカ・コーラ」が、来年1月からコーヒーとコーラをミックスした新商品「Coke with Coffee」を販売すると発表。味は「ダークブレンド」「ヴァニ...
もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。というのも「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外な内容の動...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
47都道府県の厳選されたお茶が毎月届けられるサブスクサービス「O-CHA」が「Makuake」にてローンチ。