「カフェインと適度に付き合う」ための「サブスクサービス」

コーヒーのスタートアップ「ストーリーライン」より、適度にカフェインと付き合うための、新たなサブスクリプションサービスがリリースされた。

カフェインを含むコーヒーには、多くのメリットが存在する一方、頭痛倦怠感集中力の低下などの離脱症状も報告されており、近年では、一旦カフェインを絶ってみる「カフェインリセット」や、カフェインの量を控える「カフェインコントロール」を試す人も少なくない。

そこで開始されたのが今回のサービス。

貴重なスペシャルティコーヒーを使い、安全で味を損なわない超臨界CO2抽出法によって生み出された、こだわりのデカフェ(ノンカフェインコーヒー)「Decaf & Co.」をユーザーのニーズに合わせてお届け。

「Decaf & co.」のビジュアルイメージ
©ストーリーライン

デカフェ、スペシャリティコーヒー(レギュラー)、ハーフ&ハーフの3種類をセットにし、ゆっくりと段階的にカフェインを減らしていくための「カフェインコントロール定期便」と、3種類のデカフェをセットにし、カフェインリセットに励むための「デカフェ定期便」の2種類を用意。

カフェインのコントロールガイドが同梱されるほか、季節や好みに合わせて内容にも変化をつけながら配達されるため、飽きることなくカフェインのコントロールに励めそうだ。

なお「Decaf & Co.」では、季節やイベントに合わせて、シーズナル展開やギフト商品の販売も予定。

ほどよくカフェインを楽しむための新しい選択肢。気になる方は公式ホームページをチェック。

「Decaf & co.」のサブスクサービス イメージ
©ストーリーライン
Top image: © ストーリーライン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「ペプシカフェ」は、コーヒーとコーラをブレンドした缶飲料。カフェインの量は、通常のペプシの2倍も含まれ、味はオリジナルとバニラの2種類が用意されている。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。