「1日4杯」のコーヒーで、皮膚ガンのリスクが20%減少することが判明

コーヒーで、
皮膚ガンが防げる?

47ad4d65866f118c940b6898beb3ae346dea2ef0

飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカでは成人の半分以上の人が毎日約3.1杯のコーヒーを飲んでいると言われているため、それが健康にどのように作用するかの研究も盛んなのだそうだ。

昨年、アメリカのコネチカット州、イエール大学の衛生研究所と、国立癌研究所の研究者によって行われた調査によれば、コーヒーには肝硬変による死亡リスクの減少、糖尿病のリスクの減少、耳鳴りの軽減が、コーヒーの消費量に関連していると発表されていた。

最新の研究では、コーヒーの消費量が皮膚ガンにどのように影響しているかを調査。非ヒスパニック系の白人447,357人を10年間モニターし調査したところ、うち2,905人の参加者が皮膚ガンを疾病したようだが、1日に4杯以上のコーヒーを飲んでいた人々に関しては、皮膚ガンの発生リスクが20%も減少したようだ。

しかし、一方では批判的な意見もある。

「個人が皮膚ガンの危険性を減らすためにするべき最も重要なことは、太陽とUV放射線被曝を減らすことである」

今回の研究を始め、多くの研究でコーヒー摂取の健康効果が明らかになってはいるが、その潜在的な有害性に注意することはやはり重要だと言える。

コーヒーの主要成分はカフェインであり、覚醒効果をもつ飲料でもある。過剰摂取は不眠症や神経過敏、短気、落ち着きのなさ、動悸、筋肉震動、胃の不調を引き起こすことも他の研究では明らかになっている。

様々な研究結果として、コーヒーには良いところも悪いところもある。今回の研究発表の結果も一つの評価基準として参考にして、自身の体調やカフェインとの相性に合わせていい距離感を見つけるのが最良の方法と言えるだろう。

Reference:MNT
健康情報サイト「STETHNEWS」に「コーヒーがあなたを幸せにする」と取り上げられたのが今年4月。2013年の研究で、調査にあたったのは、あのハーバード...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
動画サイト「Kurzgesagt」が紹介する、アンチエイジング方法は一般的なものとは少し異なったもの。ある物質を体内に投与することで、皮膚ガンやアルツハイ...
これまでにも何度となく、コーヒーの隠れざる効能を紹介して来たTABI LABO。適度な摂取は健康に良いという事実が、次々と明らかになっている。そしてまた、...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...