皮膚と同じ仕組みで「1秒で自然治癒する壁」をNASAが開発

NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。

仕組みは「人間の皮膚」と同じ

ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。壁が損傷すると当然液体が外へと漏れだしますが、その瞬間急速に凝固し新たな壁へと再生して代わります。

つまり、人間の皮膚と血液の役割と同じ。しかし、傷がふさがるスピードは1秒かかりません。

銃弾を受けても1秒で修復

研究の共著者であるミシガン大学のティモシー・スコット氏は、科学情報誌「IFLScience!」でその凝固スピードの速さを強調しています。

動画の実験で使用された壁の厚さは1mmですが、10~100ミクロンの薄さまでは、効力に影響を及ぼさずに生産できるとか。人間の皮膚や赤血球と同じレベルのサイズ感で使用できると言われています。

もともとは宇宙ステーションが受けた傷の修復を、人の手を使わずにできるようにと開発が進められていましたが、将来的にはより安全な航空機の壁や燃料タンクを作るための方法としても応用が期待されています。

ちょっと飛躍しますが、もし修復後の状態まで管理できるような技術ができれば、「モノ」が自然治癒するということが、当たり前になってしまうのかもしれません。

Reference:IFLScience!
Licensed material used with permission by American Chemical Society

「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
スマホ用製品の技術向上によって、物理的に見えなかった、壁の向こう側も見えるようになったようです。なんのために使うの?と思えても、アメリカでは数々のメディア...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
NASAの発表によれば、空気中にある水蒸気がかたまって移動するときに形成される“川”のようなものが、洪水と干ばつを引き起こしているとのこと。これにより、3...
弱冠18歳のインドの青年Rifath Shaarookさんが、世界最軽量の人工衛星を開発した。「KalamSat」と名付けられたこの衛星は、なんとわずか6...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...