壁の中をレントゲン写真のように見ることができる技術。しかもスマホで。

スマホ用製品の技術向上によって、顕微鏡や望遠鏡みたいなものまで販売されています。さらに開発は進み、物理的に見えなかった場所も、スマホを使って見えるようになったようです。

まあ、日本で需要があるかどうかは別の話。

だけど、アメリカでは数々のメディアから表彰されるほどの人気ぶりなんだとか。どうしても壁の向こうに見たいものがある…という話ではなくて、彼らのカルチャーが影響しているようですけどね。

最初に断っておくと、
隣人の部屋までは覗けません!

少し大きめの充電器のようなガジェット「WalabotDIY」。木やプラスチックなどの素材に関わらず、厚さ10cm以下であれば、壁の裏側に何があるのかを探知して、スマホ画面に映像を映し出してくれるとのこと。

ターゲット層はすごいニッチ。自分で部屋のリメイクをする人に向けて、DIYを補助する器具として売り出しているようです。

だけど、アメリカで人気の理由はこれです。なぜなら、部屋や家を改装する文化があるから。彼らにとって、配線の見えることはとても重要で、じゃないと、上のように火花が飛ぶこともあるそうです。

ここでは、よ〜く画像を見てください。ネズミが通っているのが分かるはずです。それに赤く反応していることから判断できると思いますが、壁の反対側にいる生き物の動きも感知してくれるそうですよ。

アメリカ人が暮らすのは一軒家が多いため、ネズミが出る確率が高いのかもしれません。だから、この機能も評価されるのでしょう。

ただし、壁に向かってかざしても、距離が遠い場合なら何も見えないので、使い方はよ〜くご検討を。

Licensed material used with permission by Walabot
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
「Fairphone」は、壊れた部品も簡単に取り替えられるスマホ。環境にも気を使っていて、地球に優しい製品とのこと。
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
タッチ機能のないスクリーンを、文字や絵の書き込みが可能なタッチ式に簡単に変身させてしまう次世代アイテム「Go Touch」。経済的にも負担が少なく、場所を...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
ここで紹介するのは、スマホで写真を撮るときの悩みを解決してくれるアイテム。カードタイプで財布に忍ばせておけるので、カンタンに綺麗な夜景を撮影することもでき...
ここにフックがあったら便利なのに……と思う場所に限って、吸盤やマグネットがつかなかったりしますよね。賃貸物件に住んでいる場合、壁に穴は空けられないし。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。