スマホやゲームもなし。子どもたちを「テクノロジー」から解放した夏休みの写真。

ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けています。

『Summertime』と題したこのシリーズは、コンピューターやテレビもない田舎の小さな村で、のどかに夏休みを過ごす様子にフォーカスしたもの。何もかもがテクノロジーに支配された現代社会だからこそ、牧歌的な暮らしに魅せられてしまうのでしょう。

改めて気づく「田舎の魅力」

ちなみに同シリーズは、彼女の幼少期の体験が元になっているそう。夏休みを田舎の祖母の家で過ごしていたことが、とても素敵な思い出として残っているみたい。

Reference:Boredpanda
Licensed material used with permission by Izabela Urbaniak Photography, (Facebook)
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
写真家Adrian Murray氏が、今年の夏休みに撮影した息子たちの様子。その驚くべきキュートさに、いま、世界中が魅了されています。切り取られたのは、2...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。