世界127ヶ国から集まった奇跡の一瞬・絶景を捉えた15枚

「シエナ国際写真賞」は、文化発信や芸術発展のために広く作品を募集している大きなコンテストのひとつ。

ここでは、世界中から集まった50,000点の写真の中から、受賞作を一部抜粋して紹介。今この瞬間カメラを持っていれば……なんて思うことがある。まさにそんな一瞬が揃っている。

01.

Photo by Giuseppe Mario Famiani (IT).『1° CLASSIFIED』.

Nature部門1st Place受賞作品。

「2015年の12月はじめ、イタリア南部シチリア州メッシーナ県チェザロで撮影した写真。エトナ火山が噴火し、マグマや灰、ガスが数キロメートルもの高さまで立ち上った様子」。

Giuseppe Mario Famiani (IT).

02.

Photo by Danny Yen Sin Wong (MY).『PHAN RANG FISHING NET MAKING』.

Open Color部門1st Place受賞作品。

「ベトナム南部ファンランの近くにある小さな村で、ノンラー(三角錐型の傘帽子)をかぶった女性が伝統的な漁網を作っているところ。男性が漁に出ている間に女性がする仕事として、同国ではいまも一般的だ」。

Danny Yen Sin Wong (MY).

03.

Photo by Fuyang Zhou (CN) .『Sprincle Net』.

Open Coloe部門、Remarkable Award受賞作品。

04.

Photo by Marcin Ryczek (PL).『A MAN FEEDING SWANS IN THE SNOW』.

Open Monochrome部門1st Place受賞作品。

「この写真は、ポーランドのクラクフにあるグルンヴァルト橋から撮影した。自然の白雪と暗い水面の境が直線で分かれている。陰陽太極図のようだ」。

Marcin Ryczek (PL).

 

05.

Photo by Pimpin Nagawan (ID).『COCK FIGHTING』.

Open Monochrome部門2nd Place受賞作品作品。

「ジャカルタで撮影された写真。ふたりの男性が、自らの雄鶏が戦う様子を誇らしげに見守っている。闘鶏はインドネシアの文化でも最も一般的な伝統だ」。

Pimpin Nagawan (ID).

06.

Photo by Audun Rikardsen (NO).『ARCTIC URBAN SKIING』.

Sport部門1st Place受賞作品。

「ノルウェー・トロムソで友人のナイトスキーを撮影した。10メートルの高さがある崖から滑り落ちているところだ。写真に写っているより暗く、かなり厳しい挑戦だった。街を捉えることができなかったが、長時間露光とフラッシュを特定の場所に使って撮った」。

Audun Rikardsen (NO).

07.

Photo by Ajuriaguerra Saiz Pedro Luis (ES).『JUMP 2.0』.

Sport部門3rd Place受賞作品。

「パラリンピックの視覚障がい者による走り幅跳びで、最も跳んだ選手のひとり。威厳があり、美しい」。

Ajuriaguerra Saiz Pedro Luis (ES).

08.

Photo by Leyla Emektar (TR).『STRAWBERRY GREENHOUSES』.

Travel部門1st Place受賞作品。

「トルコ・ナズィッリの近くにある山をやっとのことで登った。写真の魅力を引き出すために、ストロベリーを担いだ農民がグリーンハウスを横切る瞬間を待った」。

Leyla Emektar (TR).

09.

Photo by Matjaz Krivic (SI).『BOYS TRAINERS』.

Travel部門2nd Place受賞作品。マリ共和国・ディアファラベ。

「少年は、出合ったとき靴を手で持っていた。もう使いものにならなくなってしまったものだ。旅の準備が役に立った。裁縫セットとデンタルフロスで靴を直してあげた。友達にもついていけるだろう」。

Matjaz Krivic (SI).

10.

Photo by Mike Hollman (NZ.『WARP SPEED』.

Architecture部門1st Place受賞作品。

「東京でゆりかもめに乗って撮った写真。名前は、東京湾に住む海鳥『Black-Headed Gull(ゆりかもめの英名)』が由来だ」。

Mike Hollman (NZ)

11.

Photo by WOMEN REFLECTION.『WOMEN REFLECTION』.

Architecture部門2nd Place受賞作品。

「ふたりの女性とアラブ首長国連邦の首都アブダビにあるシェイク・ザーイド・モスクの幾何学模様の建築の姿が水面に映り、幾何学模様の魅力を生み出している」。

Ali Al Hajri (AE).

12.

Photo by Roberto Tagliani (IT).『WINDOWS』.

Architecture部門3rd Place受賞作品。

「この写真では、マイアミにあるこうそうビルの見慣れないテクスチャーが鮮明に見える。幾何学模様の建物は、アメリカの都市を支配しているかのように目立っている」。

Roberto Tagliani (IT).

13.

Photo by Jianjun Huang (CN).『SMILE』.

People and Portrait部門選外佳作賞受賞作品。

「大雪のなか開催されたチベット・ラマ寺の『Dharma』集会。薄い生地に身を包んでいる僧侶たち。笑顔の子どもが後ろを振り返った」。

 Jianjun Huang (CN).

14.

Photo by Justine Tjallinks (NL).『THE OUTSIDERS』.

People and Portrait部門2nd Place受賞作品。

「どこからが老いで、どこからが普通なのか。珍しいものにも美しさはある。違いを祝福しよう!」。

Justine Tjallinks (NL).

15.

Photo by Antonius Andre Tjiu (ID).『SCREAM OF DEATH』.

Wildlife部門2nd Place受賞作品。

「インドネシア南カリマンタン州で撮影した。蛇が防御のために体をくねらせている。体の大きいカンムリワシへ攻撃する最大のチャンスだ」。

Andre Tjiu (ID).

その他の作品はコチラから。

Licensed material used with permission by SIPAContest
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
この4種類をデスクに常備しています。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
英・王立気象学会と王立写真協会によって開催された「Weather Photographer of the Year」で、2016年の受賞者が発表された。人...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。