亡きパパが息子を見つめる家族写真。フォトグラファーの努力が感動を呼んだ

写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。

ステファニー・サマーズは、2014年に最愛の夫を亡くしました。そのとき彼女は妊娠5ヶ月、夫のトーリアンは息子の顔を見ることができなかったのです。

その1年後、ステファニーは思い出の場所で、夫と同じくトーリアンと名付けた一人息子と記念写真を撮ることにしました。そして、写真家のローラ・ゴーディリオは、以前に撮った夫妻の記念写真と今回の記念写真を合成し、実現することのなかったサマーズ一家の家族写真を1枚に「納めた」のです。

結婚記念日の写真が
最後の撮影になってしまった

この夫婦と、写真家のローラの出会いは、彼が亡くなる何ヶ月か前のことでした。

結婚記念日に写真を撮ることになったものの、初めは乗り気ではなかったというトーリアン。ローラも「彼を笑わせるのは大変だったわ」と当時を振り返ります。

しかし、出来上がった写真を見たトーリアンはその出来栄えに大満足。「これはすごいよ!これから家族写真を撮るときは、いつもローラに頼むことにしよう」と言って、ステファニーを抱きしめたほどだったと言います。

ところが、この先もずっと続くと思っていた家族写真の撮影は、これが最後となってしまったのです。

突然の飛行機事故は
ステファニーが妊娠5ヶ月の頃

そして、突然の悲劇が襲います。2014年8月、救急医療隊員だったトーリアンは、職務中の飛行機事故で亡くなってしまったのです。ステファニーが妊娠5ヶ月のときの出来事でした。

今度は息子と
同じ場所で家族写真

計り知れないほどのショックを受けたステファニー。まだ夫が恋しくてたまらなくて、当時のことを詳細に語ることはできないと言います。

それでも、夫や息子のことを想って、思い出の場所で息子と記念写真を撮ることにしました。撮影はもちろん、ローラへ依頼。

実現することのなかった
家族写真をプレゼント

ローラは、以前に撮影した夫妻の写真と、今回撮影した親子の写真を合成し、三人が写った家族写真を作ることにしました。

写真家である以前に、妻でもあり母でもあるローラ。写真の編集の間中、涙が止まらなかったそうです。それでも、ステファニーと息子のトーリアンにとって大切な写真になるだろうと、心を込めて作業を進めたそうです。

父の顔を知らなかった息子のトーリアンも、今では出かける前にこの写真を見て、「パパ、行ってきます」と声をかけているそうです。

Licensed material used with permission by Laura Gordillo Photography
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
心温まる動画をご紹介。
食物アレルギーのため、毎朝マーガリンを塗ったトーストしか口にできない娘のために、パパがとった行動がステキすぎる!とイギリスで話題の家族を紹介します。たった...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...