「子どもに親の顔を見せてあげたい」という想いが、4人を家族にした。

少し前までアメリカでジェンダーが語られるときには、「Diversity(多様性)」という言葉が、よく一緒に使われていた。だけど、最近では「Spectrum(スペクトル)」や「Fluid(流体)」という単語の方が、耳目に触れる機会も増えた。

それぞれを分けるのではなく、ジェンダーが変化する可能性もあることを前提に、1つのものとして捉えようという思考が、メインストリームになっているようだ。

だとするならば、恋人や結婚、家族の定義も変わってくるんじゃないだろうか。そんな中、この記事で注目したいのは、時代の先をゆく家族のあり方

母親同士、父親同士が結婚

写真中央に写るレズビアンカップルのMarielyとCarlaは、同時期に出産を経験。赤ちゃんたちの父親は、両端に写るゲイカップルのJuniとAlex。つまり、お母さん同士、お父さん同士が結婚をしているという家族のカタチだ。

これまでに至った経緯は、4人に共通する「子どもへの想い」だという。

自分の子どもたちには
親の顔を見せてあげたい

11年の交際を経て、結婚をしたMarielyとCarla。以来、お互いの夢を話すたびに出てくるのは「子ども」のことばかり。強い願望があるにもかかわらず、精子バンクを利用することは避けてきたらしい。そうさせていたのは、未来を想像するたびに思い浮かぶ、子どもからのこんな質問だったとか。

「誰が私のお父さんなの?」
「お父さんって、どんな顔をしてた?」

自分が子どもでも疑問に思うであろうことを考えたら、どうしても踏み切る決心がつかなかったという。

この悩みを本当の意味で理解してくれたのが、親友Alexのカップル。なぜなら、彼らもゲイカップルとして、同じ境遇に苦しんでいたから。

交流を深めていくにつれて、CarlaとMarielyは、「AlexとパートナーのJuniなら信頼できる、彼らに父親になってほしい」という想いが芽生え始めた、と。

様々な苦難を乗り越え、無事に出産することに成功したCarlaとMariely。また、それをサポートをしたJuniとAlex。4人が協力しあったからこその結果だろう。

ここで紹介した彼らの様相は、きっと無数に出てくるであろう可能性の1つ。この先進的な家族のあり方に時代が追いつくのは、ジェンダーを「スペクトル」や「流体」と捉える傾向を考えると、もうすぐなのかもしれない。

Licensed material used with permission by TuKe Photography

関連する記事

親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
病気や障害のある子どもや家族が、治療に前向きになれるグッズなどを取り扱う日本初のECショッピングモール「チャーミングケアモール」がプレオープン。本格的なス...
「National Geographic(ナショナル・ジオグラフィック)」が外出自粛中の家族を救うため、オンラインサービス「NATGEO@HOME」を無料...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたWEBサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
エコフレンドリーな製品を手がける「Pela」が、廃棄物を肥料に変えるコンポストマシン「Lomi」の販売をクラウドファンディングサイト「Indiegogo」...
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
「Mia hoodie chair」は、子どもの全身をスッポリ覆う大きさで、自分だけの空間にお籠りするようにして座ることができる子ども用のイス。子どもを優...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
2021年の春、アメリカにLGBTQフレンドリーな銀行「Be Money」がオープン予定。店舗はLGBTQ人口の多い街であるロサンゼルスに構えるとのこと。
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
親ならば、誰だって思いは同じ。子どもには素晴らしい人生を送ってほしいと願っていますよね。ライターのWill Chou氏が「Elite Daily」で書いた...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
誰でも子どもを傷つけるようなことは言いたくないものです。ところが、「Your Tango」にまとめられていた「子どもに言ってはいけないフレーズ」は、日常で...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
アメリカの子ども向けケーブルテレビチャンネル「ニコロデオン」が、今月のプライド月間を祝福するツイートを投稿。ツイートのなかで、スポンジ・ボブの画像がLGB...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
親の育て方のせいで十分に成長できなかったと思う人に、ひとつ良い方法があります。それは、自分自身があなたの親になること。その方法を「The School o...