イギリスの航空会社がこの夏、家族に最高の思い出を提供!?

連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」と言いたくなるのが本音。

そこで注目したいのが、イギリスの航空会社「British Airways」が今月から始めたキャンペーン。この夏、子どもがタダで飛行機に乗れて旅行に行けちゃうのだ。

4人家族なら
旅費はほぼ半額!?

どれくらいの安くなるかイメージしたいって人例えばロンドンから、子ども2人の4人家族が夏休みを利用してスコットランドの首都エディンバラに行くとしよう。British Airwaysで8月頭に予約すると、1人片道100ポンド前後。単純計算して(燃料費など除く)往復で400ポンド(約5万8,000円)がお得になる。

さらに、キャンペーンに参加しているホテルに泊まると子どもの宿泊料が無料になったり、レストランでも同じことがあるみたいだから、費用を計算するお父さんやお母さんの重たい腰が上がりそう。日本円で6万近くあれば、旅行中の食費や観光地にある施設などの入場料にもあてられるだろう。どこへ行こうか考える時にお金の計算ばかりしてストレスを感じていた人も、ワクワクしながら計画を立てられそうだ。

子どもが楽しめる目的地

このキャンペーンが適応されるのは、大人が同伴する12才未満の子どもたち(一度に2人まで)。ロンドンを始めとする6ヶ所のイギリス国内の都市と、デンマークにあるLEGO発祥の地、ビルンをつなぐ路線が対象だ。

目的地にはレゴランドや動物園、歴史的なお城や児童書専門の博物館など、子どもたちが楽しめるアクティビティーが満載。ちなみにネス湖にも行けちゃうから、大人も童心に返ってしまうんじゃないだろうか!? これだったら、旅先で子どもが退屈して駄々をこねることもなく楽しめそう。そしてその横で同じくらい嬉しそうにする親の姿も目に浮かぶ。

ここまで書いておいて気が引けるのだが、実はこのキャンペーンの対象者はイギリス国民のみ…。日本にも同じようなことがあればどんなに良いだろうか!国内の航空会社が動いてくれないか、ただただ願うばかり。

Licensed material used with permission by British Airways
他の記事を見る
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
恐怖とは無縁のゴーストたちは、海やディズニーランドで夏を思いっきり満喫。愉快な彼らの姿は、見ているこちらの心を和ませる。クスッと微笑ましいゴーストたちの夏...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたWEBサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
2016年の夏にコーカサス諸国を旅した家族の写真を紹介。1カ月ほど前にインターネットに公開された。仕事中に見たら、オフィスにいることも忘れてしまいそうな爽...
現在ルフトハンザグループで利用できる電子タグ「BAGTAG」。これをスーツケースに付けるだけで、自宅で手荷物のチェックインができるようになるんです。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...