10歳の男の子が大手航空会社と
「CEO同士」でビジネス相談

10歳の男の子が「大手航空会社のCEOに手紙を送り、返信がきた」ということで話題になりました。ちなみにこれ、子どもが著名人に連絡したら返事をもらえた類の話ではなく、ガチのビジネス相談をしたという内容。

オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、若干10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想をもっているそう。で、実際に飛行機の種類やフライト番号、ケータリングなどの事項を決める段階まできていました。ですが、そこから何をどうしたらいいのかわからない。そこで、彼が“事業についての相談”をしようと定めた相手が、オーストラリア最大手「カンタス航空」のCEO Alan Joyce氏。

Joyce氏は、Alex君から送られた質問の手紙に丁寧に返信。さらに、“ビジネス”のために直接会う約束までしたのです。

起業を考えアクションを起こしたAlex君と、子ども扱いせずにちゃんと向き合ったJoyce氏。このふたりの“ビジネスパーソン”がいるなら、オーストラリア航空業界の未来はきっと明るい……そんな気がしてきます。

© Qantas/Twitter
Top image: © Paul Kane/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
2019年8月28日、米ユナイテッド航空がマイレージの有効期限を取り払うと発表。この決定により、ユーザーは貯めたマイルを一生涯使えることになり、ユナイテッ...
自分の生き方や仕事のやり方に迷いを感じる時。ビジネスの世界で成功している人たちの言葉が、支えとなることも多いのではないでしょうか。ビジネス系メディア「En...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。特に注目して欲しいのは翼の部分。ここに座席が設置される予定なんです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
現在ルフトハンザグループで利用できる電子タグ「BAGTAG」。これをスーツケースに付けるだけで、自宅で手荷物のチェックインができるようになるんです。
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
2018年度決算では通期売上高281億円、営業利益136億円──。今もっとも勢いのある企業のひとつである「株式会社アカツキ」のCEO塩田元規氏にインタビュー。
Molon Labe Seatingが開発した飛行機の座席「S1 Space Seat」がFAA(米連邦航空局)の承認を得たと先日報じられた。S1 Spa...
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
8月26日、米国「デルタ航空」は2020年度の客室乗務員として1000人あまりを採用すると発表。応募資格は、20年1月1日までに21歳以上で高卒以上の学歴...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?