V字型の旅客機を
KLMオランダ航空が発表

「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。名前が示すとおり、機体全体でV字型になっています。

で、特に注目して欲しいのは翼。この主翼部分と客室が一体化した構造なんです。

従来の形だと、翼近くの座席に座った場合、視界が遮られて外の景色が見にくいけれど、Flying-Vならそんなこともなさそう。

他にも、貨物室や燃料タンクがV字に広がる主翼に納められます。これにより機体全体が軽量化されて、燃料の消費も軽減できるようになるのだとか。

お披露目は、10月に行われるKLMオランダ航空の100周年記念イベントを予定。同航空会社のリリースを読むと、席数と貨物容量はエアバスA350-900型機と同等のようです。実際に就航するとしたらしばらく先の話のようですが、航空業界で脚光を浴びる日は来るのか!?乞うご期待。

© Studio OSO/YouTube
Top image: © KLM
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
2019年8月28日、米ユナイテッド航空がマイレージの有効期限を取り払うと発表。この決定により、ユーザーは貯めたマイルを一生涯使えることになり、ユナイテッ...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。でも、お...
エミレーツ航空ならありえなくもない!?なんて思わせるキラキラしたバーカウンター!
機内誌を眺めるか、小さなモニターに集中して最新の映画をみるか、もしくはただじっと目を閉じて目的地に到着するのを待つ、とかく空の上は暇を持て余す。そこにここ...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
世界中の航空会社が趣向を凝らした機内安全ビデオを製作しているが、なかでも「大韓航空」が11月3日にYouTubeで公開したビデオは、早くも450万回再生を...
ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...