機内のモニターで映画鑑賞……がなくなる?

4月28日、エティハド航空が機内のモニターの設置を廃止すると発表しました。

全部の路線・便でという訳ではなく、短距離路線がこの対象になるそうです。というのも、多くの利用客が自分のスマホやタブレット、PCで映画などを観ているから。

だったら、モニターの設置費用を削減して、機内エンターテインメントを充実させようよ!……これがエティハド航空の考えです。

モニターがなくなるので、映画やドラマは無料でストリーミングができるように対応。また、座席にはスマホ・タブレットスタンドや高速充電のできるUSBポートなどが取り付けられます。

ちなみに、すでにアメリカン航空やユナイテッド航空の一部でも、同じような理由からストリーミングサービスを強化しています。

機内のモニターって、他の航空会社もどんどん設置をやめそうですね。

Top image: © 2019 Etihad Airways
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...