2035年までに水素燃料で空を駆ける旅客機の実用化へ!「エアバス」が発表

航空業界のエネルギーシフトを欧州航空機メーカー大手「Airbus(エアバス)」がリードする。

同社が今月下旬に発表したのは、水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画。

開発していく3タイプのコンセプト機体に設定された名は「ZEROe(ゼロイー)」。従来のプロペラ機ジェット機タイプと並び、ボディと翼が一体化した近未来的なフォルムのモデルもみられる。

最大3700km以上の航行を可能とし、搭乗者数は100人~200人という設計だ。

実現すれば、世界初のゼロエミッション(温室効果ガス排出ゼロ)の環境に優しい未来の旅客機になる。

20世紀に飛躍した、空の移動も大変革の時代を迎えているのだろう。

©Airbus
©Airbus
Top image: © Airbus
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事