「ゼネラルモーターズ」2035年までに全車種の脱ガソリン化へ  

先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。

その内容は、生産する車両のすべてを、2035年までに二酸化炭素を排出しないEVに完全に切り替えるというもの。

さらに、2040年までには、GMすべての事業において、CO2排出量と吸収量が差し引きゼロの状態になる「カーボンニュートラル」の状態を目指すという。

© General Motors

今回のゼネラルモーターズの決定は、アメリカのなかで最大の自動車市場であるカルフォルニア州の方針を意識したもの。2020年9月に同州は、2035年までにガソリン車の販売を禁止すると発表していた。

しかし、自動車の脱ガソリンの流れは環境にとってはいいが、ビジネス的な観点からすると苦しい面も......。一般的に電気自動車はガソリン車よりも寿命が長いため、買い替えのサイクルが長くなり、そのため比較的利益率が低いことで知られている。

EVだけでどのように利益を獲得していくのか、そして今回のGMの戦略が勢いを増す「テスラ」を切り崩せるのかに注目だ。

Top image: © General Motors
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今月3日(木)に、日本政府が2030年代半ばにはガソリン車の販売を事実上禁止する方向で最終調整に入ったと報じられた。
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
タイヤメーカー「ミシュラン」と自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」がタッグを組み、エアレスタイヤ「UPTIS」を開発しました。
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
創業100年を超え、米国発の自動車メーカーとして一時は世界最大の規模として名を馳せた「ゼネラル・モーターズ(GM)」が、約57年ぶりに会社ロゴを新しくする...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。