航続走行832kmを実現した「Lucid Motors」の購入EVセダンがすごい!

米カリフォルニアを拠点にする新興EVメーカー「Lucid Motors」から、ラグジュアリーEVセダン「Lucid Air」の詳細が発表。巷では「テスラ」のライバルとも呼ばれる同社の新作に注目が集まっている。

シンプルながらも洗練されたモダンなデザインで、圧倒的な存在感を放つニューモデルだが、注目すべきはその高いスペックだ。

先日発表されたデータによると、同車はフル充電での推定EPA航続距離が約832kmを達成し、テスラ社の記録を超えて歴代最高の走行距離をマーク。空気抵抗を低減するデザインやバッテリーの改良によって電費効率が可能な限り高められているようだ。

また、直流900V、300kWを超える充電器を使用することで、1分毎に約32km走行分の充電が可能で、たった26分ほどで満充電にすることができるらしい。

さらに、同車に積まれた巨大モバイルバッテリーは、停電時に家庭への電力の給電をおこなうこともできるのだとか。災害への対策や危機管理への意識が高まるなかで、非常な有用な機能といえるのではないだろうか。

なお、公式サイトでは9月9日に“大きな発表”があるとの予告も。

名前メールアドレスを登録すれば、通知を受け取れるようになっているので、気になる方はこちらからチェックしてみてほしい。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
これまで5分で電気自動車を充電完了することは不可能だといわれていたが、ラボのプロトタイプではなく実際の量産工場で工業見本を製造することで、実行可能にするだ...
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...