EV事業への本格参入!?「GM」が57年ぶりにロゴを変更!

創業100年を超え、米国発の自動車メーカーとして一時は世界最大の規模を誇った「ゼネラル・モーターズ(GM)」が、約57年ぶりに企業ロゴを新しくする。

新しいロゴでは、「GM」の文字が小文字になり、「m」の文字は電気プラグを連想させるようなデザインに。そう、これは公式発表にもある通り、同社によるEV事業への本格参入の決意表明なのだ。

また、ロゴの変更と共に公式サイトもリニューアルされる予定で、マーケティングキャンペーン「Everybody In」もスタート。

このキャンペーンはゼロエミッション社会を目指して、より多くのEV車を社会へと普及させることを目的としたもので、具体的には、2025年までに世界で30車種のEVを発売、EVと自動運転技術に270億ドルを投資する計画があるとのことだ。

GMのグローバル最高マーケティング責任者であるDeborah Wahl氏は「歴史にはいつもすべてが変わる瞬間があります。変曲点です。そして、それは我が社が電気自動車を大量採用することで訪れると信じています」と語っている。

恐らく同社の歴史上でもっとも大きな転換期であるといっても過言ではない今回の発表。果たしてEV市場の勢力図はどのように変化するのか、今後の動きに注目だ。

Top image: © GM
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
「ワーナー・ブラザース」が新しいロゴを披露。2019年に、青と白の平面的なロゴへと変更をしていた同社だが、今回は青と白の基本的なデザインを踏襲しつつもメタ...
これまで5分で電気自動車を充電完了することは不可能だといわれていたが、ラボのプロトタイプではなく実際の量産工場で工業見本を製造することで、実行可能にするだ...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
米カリフォルニアを拠点にする新興EVメーカー「Lucid Motors」からラグジュアリーEVセダン「Lucid Air」の詳細が発表。巷では「テスラ」の...
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...